スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Theater:Octavarium

オクタヴァリウム オクタヴァリウム
ドリーム・シアター (2005/06/08)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


あ~、そうさ、そうだとも!!ネタ切れさ!!(笑)
徐々に紹介するCDがなくなってきました。
FOURPLAYを始めとした、スムースジャズ系はできれば最後の砦といった感じ
なので、その辺が連発するようになったら管理人困ってるなと思ってください。
ですから、ネタ提供してください(笑)F1始まれば、そっちも手出します。

今回は、Dream TheaterのOctavarium。
モダンプログレメタルの代表格でしょうな、
決して、私のプログレメタルの入り口になったバンドではありませんがね

1,The Root Of All Evil
なんとも、自分が思い描いてたプログレシッブさと違いましたね。
重々しいリフのハードコアとでも言いましょうか?
ちょっと、ストレートすぎて面食らうほどですね。
まぁ、当然各々のプレイはテクニカルなわけですが。

2,The Answer Lies Within
教会の鐘の音、悲しいピアノ。悲愴感さえ漂うヴォーカル。
特にテクニカル指向というわけでもなく、単純に『良いバラード』ですね。

3,These Walls
ファズをかけたようなダーティーなギター、シンセの入り方。
いわゆる『プログレッシブ』的な曲ですね。
イントロの後は、広がりのあるクリーンサウンド。
そんなに彼らの曲を聴いたわけではありませんが、Dream Theaterらしい
曲ではないでしょうか?

4,I Walk Beside You
三曲目あたりから、彼ららしさが出てきてるように思います。
この曲は、時計の『チックタック』のリズムに合わせて曲が展開されます。
どこか、空間の使い方がU2を感じさせるほど、メロウでキャッチーな曲で
あるように感じました。
無論、ドラムのテクニック等は凄まじいものなのですが。

5,Panic Attack
テクニカルなベースから始まり、彼らの真骨頂とも言うべき、
驚異的なアンサンブル!!
テクニカルでダークな印象ですね。
特に、後半のインスト部隊の演奏は流石と思わせる息の合ったプレイ。
あれ?ヴォーカルどこ行った?(笑)

6,Never Enough
この曲が一番好きですかね~。
5曲目同様、ダーク且つテクニカルです。
サビなんか、暗いんだか明るいんだかわからん音使い(笑)
まぁ、なんと言っても後半のインスト部分の格好良さ!!
コレに尽きると思います。

7,Sacrificed Sons
これまた、U2をどこか感じさせるような曲調。
そんな、曲でありながらも途中から壊れたようにテクニカルに(笑)

8,Octavarium
キマシタ、20分に及ぶ一曲!!
最初の数分は、John Petrucci,Jordan Rudesの独壇場でしょうか。
4分30秒過ぎにアコースティックと共に、民族的な楽器のような
音色も混じってきます。
そして、忘れかけてたヴォーカル(笑)静かに歌い上げます。
そして、8分50秒あたりからドラムのリズムが明らかに変わり、
テクニカルワールドへ!!
バックの演奏の雰囲気が変わっても、ヴォーカルは静かに歌います。
12分15秒~、バリバリのシンセ導入!!
このあたりから、リズムも速くなり始め、テクニカルな面がフューチャー
されてます。
ってか、あんたらスゴすぎるよ!!(笑)
で、イントロのような世界観に戻って終わりです。

★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
う~ん、ちょっとポップすぎるのでは?
このレビュー書き終わった後に、アマゾン等のレビューも見たんですが、
『U2』的であると感じたのは私だけではなかったようです。
ドリームシアターの入り口としては、?なアルバムでしたね。

Panic Attack


Never Enough



スポンサーサイト

theme : HR/HM
genre : 音楽

comment

Secret

出たな!夢の映画館!!
因みにバンド名はドラマーの父親が名付けたとか。
ドリムシはやはり恐ろしい一体感だね…。
指揮者の居ないオーケストラのようだ(笑)

>>指揮者の居ないオーケストラ
なかなか、的確な表現だね。
バンド活動が長ければ長いほど、家族のようになってくんだろうね。

Octavarium

Mr.Poohさんは、Octavariumに関しては評価が辛いですね。あ、文章全体では好意的な内容ですね。もっともでございます。このアルバムは僕は結構気に入りました。一時期、U2はスゴク好きだった時期があるので、抵抗なく楽しめました。実はDream TheaterのアルバムではSix Degrees of Inner Turbulenceが個人的にのめりこみにくい作品だったなーという記憶があります。前作のToTは一発で嵌れたのですが。そういえば、そろそろ彼らは新譜を出しますね。勢いはあるので、今後も期待してます。

上手く説明出来ないですけど、自分の思ってたドリーム・シアター像とは
どこか違ったのかもしれないです。
ドリームシアターに初めて触れたのがOctavariumだったので、
他のアルバムからの『進化』を感じとれなかった分、★5つになったのだと思います。他のアルバム聴いた上での評価でしたら、あと二つ位は
★が増えたかもしれないですね。

曲単位で考えると気に入ってるものもあるんですが、どうしても
アルバム通してと考えると満点はあげれませんでした。
本文にも少し書いたんですけど、一曲目だけがどうしても
個人的に違和感がありました。

新譜、楽しみです。
出たら、速攻でレビューしようと思います。

今後とも、こんなブログですがよろしくお願いします。


プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。