スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fourplay:Elixir

昨日に続き、Fourplayです。

Elixir Elixir
Fourplay (1995/08/22)
Warner Bros.

この商品の詳細を見る


なんでFourplay祭りかといいますと、いろいろありまして....

この2ndからFourplay色ってのが強くなってますね。

1,Elixir
Fourplayらしい、沈み込むようなリズムセクションに
Lee Ritenourのアコースティックな響きが心地よい。
流れるようなメロディが別世界へ。

2,Dream Come True
なんかふんわりした感じの曲ですね。
そうですね、浅田 真央みたいな(笑
いや、村主か....
伸びやかなメロディが印象的です。

3,Play Lady Play
時折聴ける、Nathan Eastのチョッパーなベースライン。
あえて、Nathan Eastだけを聴いて欲しい作品。

4,Why Can't It Wait Till Morning
包み込むようなヴォーカルに打ちのめされます。
なんか、懐かしい響きかと思ったら
Phil Collinsのカバーですかね。
Lee Ritenourが、また切ないメロディを奏でるんですよ。

5,Magic Carpet Ride
改めて聴いて、感心してしまいました。
イントロは、Bob Jamesのしっとりとしたピアノ。
ハーモニクスが鳴った瞬間、ウワ~っと4人が前に出てきます。
この曲、最初から最後まで聴き所満載です。
Lee Ritenourのちょっとしたカッティング、Bob Jamesの独特の入り方。
Nathan Eastの眠気さえ誘ってしまうコーラス。
Harvey Masonのベテランらしい落ち着きのあるドラミング。

6,Whisper In My Ear
いや~、めちゃくちゃいい曲なんですけどね。
紹介する文を考えられん。
失礼.....

7,Fannie Mae
Harvey Mason作曲ということで、Bob Jamesのキーボードも
パーッカシブな響きです。
ん~、ドラマーが作曲するとこんな感じになるのか。

8,The Closer I Get To You
もしかしたらコレもカバーですかね?
調べるのめんどくさいんで知りませんが(笑
爽やかなデュエットですかね。
まぁ、あんま細かいこと考えずに聴いてください。

9,East 2 West
こちらは、Nathan East作曲でしてプチファンキーなベースから
始まります。Lee Ritenourのオクターブ奏法的なフレーズも跳ねてます。
Nathan Eastのスキャット(?)が合間に入ってきます。
ちなみに、彼が作曲するとEastがタイトルに入ります。

10,Licorice
人気曲ではないですが、玄人好みとでもいいましょうかね。
このグループの曲と言うよりも、Bob Jamesサウンドですね。
彼のソロに入ってそうです。

11,In My Corner
ラストの曲、まったりしてて締め方が巧いんですよ。
これまた玄人好みか....


このアルバム、ちょっと紹介しにくいですね。
Fourplayらしくも、アウトローなアルバムという印象です。

スポンサーサイト

theme : JAZZ
genre : 音楽

comment

Secret

はじめまして!
sfと申します。
僕も大好きなFourplayの記事だったのでTBさせていただきました。
よろしくお願いします!
プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。