スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Larry Carlton:Fire Wire

Fire Wire Fire Wire
Larry Carlton (2006/03/20)
Rca
この商品の詳細を見る


さて、最近のHR/HM系ギタリスト路線から離れまして
Larry Carltonの『Fire Wire』

1,Inkblot 11
のっけから、重さが漂います。
ギター自体のサウンドも、身の詰まったモダンサウンドを奏でます。
Steely Danを思い起こさせるホーンセクションにも注目していただきたい。

2,Double Cross
ゆったりとブルージィーに奏でる一曲。
ここまでは、前作のSapphire Blueの流れを引きずってきてます。

3,Naked Truth
スローなブルースバラード。
この時期、暖炉を焚いてコーヒーでも飲みながら昼下がりにでも
聴きたい曲です。そんな環境ねぇ~・・・・
心が暖かくなる曲です。

4,Surrender
ただただ、単調なブルースです。特にコメントはなし!!

5,Big Trouble
さぁ、きました!!このアルバムで最も好きな曲です。
何が好きかって、とにかくヘビーです。
イントロの刻みでヤラレました。
曲自体は、ブルースなんですけどね~。ギターキッズの心を
グッとつかむでしょう!!

6,Goodbye
いきなり雰囲気が変わって、クリーンなサウンドのしっとり系バラードです。
アレンジすれば、FOURPLAYでもイケそうな曲です。
Naked Truthと同じく、暖炉で~~~~って感じです。

7,Dirty Donna's House Party
ファンキーチューンなブルース。延々とバックで聴こえるカッティング、
ジミヘン・レイウ゛ォ-ンのようなワウを使ったソロ。
カッコいいっすな~。

8,The Prince
またもや、ファンキー系ブルース。
今度は、オルガンも投入してとても賑やかです。
締めのホーンセクションがヤバくカッコいいです。

9,Sunrise
アコギでブルースでございます。
渋いの一言。
合間に入ってくるオルガンが良い味出しちょります。

10,Mean Street
なんだろう・・・・・ラリー・カールトンにしてはいろいろ
エフェクトかけて彼なりの変態路線か?
今までの作品にはなかったタイプの曲です。
でも、基本はブルース路線なんですけどね~・・・・


往年のクロスオーバー世代のカールトンファンには絶対にオススメしません。
フュージョン色はいっさいありません。
3曲目と6曲目のバラードにはアンディ・ティモンズの最新作と
似る部分あるかも。
ジャケットとCDの盤の色合いが似てたりもします。

ちなみに、このアルバムでカールトンは2音下げで弾いてます。
2音下げのギタリストと言うと、スリップノットのミックとかが
浮かびますけども・・・・・
つまりは、ヘビーです。
スポンサーサイト

theme : エレキギター
genre : 音楽

comment

Secret

Big Troubleはヘヴィだね~(笑)
彼、時折ロック気質な曲やったりするからねw

若干、ブラックサバスのリフに似てるわ~
プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。