スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thomas Blug:21st Century Guitar

blug_21thcentury.jpg


今回は、Thomas Blugの21st Century Guitar
彼が出してるスタジオ作品3枚の中で最もデジタル色が強いアルバムです。
とは言っても、ギター自体のサウンドは61年ストラトそのものです。

1,Flash (the old tone)
ハイテンポなクラブ系のビートに対して、軽快なギターがとてもよくマッチします。
曲全体がかなり作り込まれている印象です。デジタルとビンテージの融合。

2,Supersonic
1曲目と同じくハイテンポなクラブ系。こちらは、ラテンなリズムが
少々。

3,September Rain
ここまでの曲とは、雰囲気がまったく違います。
スローなバラードでまさに『雨』を感じさせるようなしっとり系です。

4,Clubbing
このアルバムを代表するような曲です。
1、2曲目を感じさせ、親しみやすいメロディです。

5,Leave Of Absence
大人のバラードです。リヴァーブの感じが心地よく、眠くなり、そして、
感動を誘います。

6,Sweet Love
ハイテンポなワールドミュージック系スムースジャズって感じですね。
カッティングがハンパなくオシャレです。

7,Signs Of Live
思わず聴き入ってしまう。アンディ・ティモンズの『Electric Gypsy』
にも通ずるような開放感がありながら、切ないメロディ。

8,Stowaway
またまた、ラテン系クラブミュージックなリズムに怪しいコーラス。
ひとまず、ギターはクールダウン。

9,Back On Me
深海のような冷たさ。音数が少なくとも、聴かせる術を心得ています。

10,The Late Show
最後までライブテイクだとは気付きませんでした。
ハードロックのような力強さがありながら、繊細でブルージー。

やはり巧い!!61年ストラトの特徴を余すことなく聴かせてくれます。
ちなみに、ストラト買う際はローズウット指板でボディはホワイトと決めています。
おっと!!ここでJEM購入計画に新たな刺客登場か?

Clubbing


スポンサーサイト

theme : エレキギター
genre : 音楽

comment

Secret

poohが白ストラト買うのかい?
まだストラト集めるんだ(笑)。
目指せストラト屋敷!・・・というわけでもないか。

ストラト買うならってことだけどね。
屋敷にしたら生活スペースがなくなる・・・・・
プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。