スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶妙なコンビネーション。

絶対に、外よりも部屋のほうが湿度高い!!
この時期は、ポリ塗装のギターって肌にピタッとくっ付いて気持ち悪くないですか?(笑)
その点、Suhrのフィニッシュは独特で常にサラサラが維持されている!!
あれですね、ユニクロのクールドライみたいな感じです(笑)

そんなジメッとした部屋で、あ~でもない、こうでもないとケーブルとギターを
取っ替えながらベストな組み合わせを探していました。

今度、John Petrucciのソロアルバムから『Wishful Thinking』を弾こうと思ってまして
録音用にセッティング中です。
まぁ、まだ最初のほうしか弾けないんですが.....
とりあえず、スコアは買いました(笑)

弾きやすさからいえばSuhrなんだけど、音はMRG-10のほうがハマるよなとか。
録るんならMRGになるかな。
低音弦の迫力が、やはりMRGのほうがあるので。

ケーブルも2~3種類ほど試しましたが、一番しっくりくるのはノイマンですね。
正直、OYAIDEのPA01は全体的に太くなりすぎてHSHとかHHなギターには
合わないかなと。
シングルコイルでスコヘンみたいな音出すには良いんじゃないでしょうか。
ミッドからハイの、すっきりとした音はノイマンのほうが断然良い!!
ただ、ノイマンはケーブルが細いのでとても気を使います(笑)
あと、プラグもスイッチクラフトみたいな頑丈なヤツじゃないので。

Mark IVは弄るとこ多くて、面倒くさいです....
次なるアンプはもっと直感的にいじれるやつに。



最近、ピエゾピックアップの可能性についてTravis Larson Bandから感銘を受けたので
MusicmanのJP6がまた気になってるところです。
足元にVolペダルが5つ(笑)
スポンサーサイト

ただいま(笑)

このタイミングで、原点に引き戻されてしまった感じで。
丁度1年後に、この波が来るとは思いませんでした(笑)
最近、欲しいと思うギターが見事に因縁の『数字』が関係する事が多く
見事な巡り合わせが手元に転がりかけてるなと。
そうそう、これじゃなきゃダメなんだよと(笑)


思えば、おぉ~~って思ったギターってFender,Gibsonのいわゆる本家ですね。
絶対に本家じゃないと出ない音もあるわけでして。
いい意味でアバウトな感じとか、弾き手に対してツンデレだったりして(笑)

いや~、高い授業料払って戻って来た感もある(笑)


けっきょく、機材選びの肝は『今かどうか』だと思うわけで....



また、CustomShopか......

リフレッシュ。

CIMG0697_convert_20090606210915.jpg
ゲージ交換に伴い、その他諸々の調整に出してたMRG-10が帰ってきました。
ダダリオの10~46でセットアップです。
テンションの分、音の輪郭もハッキリして良いんじゃないかなと。
今のところは、良好な感じです。

心配なのは、ゲージ太くした直後に梅雨突入しそうでネックが...ってことですね。
よく考えたら、今ある三本は梅雨未体験です(笑)
この夏で三本の真価が試されますね。
お願いだから、丈夫な子であってください(笑)

そろそろ、DimarzioのD-SonicとXotic BB Preamp-ATのレビュー書きますかね。
久しぶりに、2回更新いってみようと思います。
W杯予選を見ながら書きます......

Guthrie's Pedalboard

DSC_0055.jpg
Suhrのフォーラムに最近の彼のペダルボードがアップされてました。
Axess BS-2 Buffer/Splitter
Peterson StroboStomp
Guyatone WR-3 Auto-Wah
Moonphaser (http://www.moonphaser.co.uk/)
Xotic AC Booster
Hermida Zen Overdrive
Menatone JAC Compressor (for slide work only)
Pigtronix Mothership (http://pigtronix.com/products08/mothership.html)
Silver Machine Revolution Wah Mark II
Ernie Ball Volume Pedal

Analog Man Clone Chorus (in the FX loop)
Eventide Time Factor (in the FX loop)

Cornford Roadhouse 30 amp with Cornford oversized 1x12 with V30

ということらしいです。
以前と変わったのは、EventideのTime Factorが加わった事でしょうか。
T-RexのRepricaは外したみたいですね。
個人的には、Jeff Kollmanも使ってたし好きだったんですが。
やっぱ、Eventideのほうが設定の幅広くてディレイ以外のエフェクトとしても
代用できるので使う人多いんですね。
ガスリーは、コーラスをアナログマンのやつでかけてるみたいですが
ペダルボードをもっとコンパクトにしたいときにはタイムファクター単体でも
似たような効果を得る事が可能だったと記憶してます。
もう売ってしまったので.....
そういえば、Andy TImmonsのフォーラムの人になんで売ったんだと事細かに
聞かれました(笑)

足元の変更はそんなないと思うんですが、一点気になったところが。
画像を見ていただくと分かりますが、ワウとヴォリュームペダルが
左側に配置されている点。
フォーラムの他の画像見ても、右足で踏んでますしあえて左に配置した
理由はどこにあるのかなと。

Jeff Kollmanなんかは、常にヴォリュームペダルとワウを使うので右側への
配置だったと思いますが、そういう使用頻度による配置なんでしょうかね。
だとしても、右足で踏む人が左側に置くとワウ踏んだ後にディレイとブースター
かけてみたいな状況のときはかなり足元忙しくなるような気がするんですが(笑)
ただでさえ、ゴチャゴチャして踏みにくそうなのに(笑)
仮に彼が足元も超絶だとしてもです。

と、ちょっと気になってみました。

う~ん、Zen Drive欲しい・・・・・・



プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。