スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われたものが帰ってきた。

CIMG0475_convert_20090121185442.jpg

というわけで、載せてみました。

スポンサーサイト

NAMM 2009 Part.2.5

さぁ、ぽんぽん出てくるぞ!!
やはり扱わないわけにはいかない。

Andy Timmonsシグネチュアモデル

Ibanez AT-100CL
AT100CL_SB_00_01.gif
これは絶対に買わなきゃいけないギターです(笑)
AT-300を手放すきっかけになったのはコレがリイシューされるってところからです。
途中、MRG-10というイレギュラーな買い物がありましたが(笑)コレに標準を
合わせて機材選びしてきました。
まぁ、路線変更してAndy TimmonsとJohn Petrucci両方のサウンドに近くなるように
いろいろセッティング中です。
手元には、Mesa Boogieとt.c. electronicありますからあとは竿変えるだけで
いろんな音楽に対応できますね。
正直、サウンドの幅という意味ではMRG-10一本だけでなんにでも対応できるんですが
AT-100CLは個人的趣向で欲しいみたいな(笑)
Fender C/S買ったのもそういう感じではあるんですが。

あ、MARK VはEL34管が入るみたいなんで乗り換えようかと検討中。

ともかく、これは買います。
なんか売らないとな......

つ~か、定価が高い.....

NAMM 2009 Part.2

さて、Part.2をやってみたいと思います。

とりあえず、Fender USAふざんけんなと(笑)
本当に出るとは思ってなかったモデルが......

0117700899_md.png
この画像だけでどのモデルか分かる人いたら、相当なマニアです。
ヒントは、バインディングとストリングポストがないこと。
最近、彼はローズウッドのモデルを好んで使用してます。

はぁ、出てしまったか.....

Eric Johnson Stratocaster®です。
まさか、これ製品化されるなんて思ってませんでしたよ。
正直、先代のEJモデルは何度か弾いたもののあんまりしっくりきませんでした。
けっきょく、天下のCustom Shopに手を出してしまいましたし....
これどうなんだろうな~。
AT-100と違って、こっちは長い間ラインナップに残りそうだし後回しでもいいかな。
いや~、まじ空気読めよ(笑)
う~ん、↓の動画見ちゃうとね......

NAMM 2009 Part.1

昨日、NAMM 2009が開幕したんでいろいろ情報収集してます。

AT100 CLは、まぁいいとして....


とりあえず、Mesa Boogieとt.c. electronicにはふざけるなと言いたい(笑)

ついに、Mesa BoogieからMARK Vが発表されました。
m5_left_hc2_fs.jpg
本家のほうで詳しいスペックは見れますけど、これ半端ないですよ。
MARKシリーズの形をした、レクチシリーズっていう印象ですね。
3chにEQ、おそらく各チャンネルごとにモード切り替えがあるでしょう。
ってか、Road Kingに並ぶフラッグシップモデル出してどうすんのよ(笑)
これは、買わざるを得ないと思う(笑)
ちなみに、MARK IVのコンボが家に(グワっ!!tじょわpぎgじゃいgjh@hぴじゃえぷぁ
アンディ、MARK Vに乗り換えようよ。

さて、これは正直ショックですよ。ハイ。
g-major2_persp_convert_20090116133134.jpg
t.c. electronic G-Major2
バカ、tcのバカ!!
薄々出るかなって思ってたさ。
音質は先代と比べても、そこまで変わらないでしょう。

追記:上の文章を見た人が2chに書き込んだっぽいですね
   まず、文章ちゃんと読んでください。
   音質、全く変わらないとは書いてないでしょ。
   もちろん、良くなると思いますよ。
   『そこまで』劇的に変わるとは思ってないだけです。
   もちろん、G-Major買った後だから悔しいですよ(笑)
   へーそうなのかとか思ったらからの決まってるだろって発言への流れ
   ちょっと疑問に思いますwwww
       現行のG-Majorだって発売当時から比べれば、中のチップとか新しくなってる
   んじゃないですかね?
   その分だけ、処理能力も上がってると思います。
   だから、G-Major2が出ても音質に格段の差があるとは考えていません。   
   アホがwwwとかリアルに傷つきます(笑)
   おもしろおかしく書いてるつもりだったんですが.....
   

ただ、PCでエディットできるのは魅力的すぎる。
あと、地味にジョグダイヤルが1段式になってるのは改善のあとが見られますね。
ふん、いいもんね。
この前買ったG-major使いこなせるレベルまで来たらG-Force買うから!!


というわけで、Mesa Boogie MARK Vは就職決まったらご褒美に買おうと思います(笑)
ペトルーシモデルもいっちゃう?(笑)
あぁ、ホントにバカだな私......

皆さんは、他に気になったやつはありましたか?

MRG-10(改)とGibson C/S

初めて、ギターのピックアップ交換をお願いしました。
ピックアップに限らず、基本的にストックのままで使ってきましたからね。

何度もいじろうと思って、お金なくて諦めてるのは内緒。

カスタムから戻ってきたら、改めてレビューしたいと思います。
John Petrucci風にMRG-10を仕上げようと思ったら、アレとアレしか選択肢が
ないわけですよ。
まぁ、記事にしたらやっぱこのモデルかって感じになると思います。

さてさて、MRG-10を楽器屋に預けて店内を軽く見回すと気になるんですよね~。
GibsonのLPが.....

今まで、全くレスポール欲しいと思わなかったんですけど、最近になって
一本欲しいな~なんて思い始めました。
特にカスタムショップが!!

何本か試させてもらいましたけど、やっぱりカスタムショップ製が一番いい。
もちろん、レギュラーにだって鳴りの良いやつだってあるでしょうし
逆にカスタムショップ製でも全然だめなやつはあります。

でも、良い個体がある確率という点で考えれば断然カスタムショップのほうがいい。
そうじゃなかったら、わざわざ同じモデルでカスタムショップで出す意味ないだろうし。

今回弾いたのは、おそらく良い個体に入るものだと思います。
めっちゃ、ギターに弾かされてる気がしましたが(笑)

t.c.electronic G-Majorを弾き倒してみた。

さっそく、我がシステムに導入されたG-Majorを弄くってみました。

とりあえず、ハイクオリティ過ぎるだろ(笑)
5万そこそこでこんな機材買えるようになってるなんていい時代になったもんだ(笑)

まず、操作のし易さが素晴らしいですね。
ヘタしたら、前使ってたGT-8よりも使い易いんじゃないの?
自分の作りたい音が直感的に作れるわけで、こりゃ素晴らしい!!
ポチポチっと押して、クルクルと回して、ポチって押すともうパッチ出来上がっちゃう。
ラックタイプのエフェクターってどうしても難しいイメージがありますけど
G-Majorはホントにサクサク音作り出来ますよ。

その高い操作性に加え、というかこっちのほうが重要だと思われるエフェクトの質。
これもスゴい!!

ノイズゲートとEQが付いてるみたいですけど、たぶん使わないのでパスします。

・COMPRESSOR
正直、これに入ってるコンプなんてって思ってたりしたんですが、何気に良い味を
出しやがりますよ。
あんまりコンプの項目を触ってないんですけど、そんな派手なコンプではないと思います。
そもそも、直列で使ってるわけじゃなくて、一度センド&リターンに入ってるので
コンプがサウンドの全体像を引き締めたりと録音時のミックスでのコンプの使い方に
近いんじゃないですかね。

・CHORUS
これは吹っ飛ばされました。
これ、コンパクトじゃ出せない音だろうな~。
もうね、南アルプスの天然水みたいな感じです(笑)
とにかく綺麗なサウンドです。
なんて言うんでしょう、デジタルならではの『固さ』が絶妙。
基本はそういう綺麗なコーラスですけど、設定の幅もけっこうありそうで
少々アナログチックな感じのもいけますよ。
アンディのCry For Youのイントロの『チャラ~ン』弾いた時点でこれヤヴァイと
思いましたよ(笑)

・FLANGER
う~ん、これは無いかな.....
フランジャーに関しては、MXRのEVHとかのほうが好きなサウンドかなと思います。
あまりに綺麗にかかりすぎて、ダーティな感じがいまいちでないですね。
まぁ、そんなに使わないエフェクトですので個人的にはなくてもいいです。

・モジュレーション系諸々。
ビブラートはけっこう好き。
レゾナンスフィルターは、今までの人生で必要だと思ったことが無いので
これからも一生使わないでしょう(笑)
フェーザーはけっこう使える。というか、これ使えないとペトルーシになれない。
Goodnight Kissなんかはこれ必要でしょう。
Constant Motionのフェイザーは、MXRのEVHじゃないとでないかもです。
地味にトレモロは気に入ってます。曲のブレイク直前にきつめにトレモロかけるみたいな
使い方が好きです。
そういえば、ペトルーシはBeyound This Lifeで使ってるんじゃないかな。
そんな箇所ありませんでしたっけ?

・DELAY
このエフェクトを語らずしてどうするって感じですが.....
まぁ、どのエフェクトにも共通して言えることではあるんですがかかり方半端ね~なと。
ピンポンディレイ、ダイナミックディレイ、デュアルディレイの三種類みたいです。
ピンポンはステレオで使ったときに音のキャッチボールみたいな感じですよね。
そういえば、昔のYGのDVDでペトルーシがピンポンディレイの使い方レクチャーしてた。
ダイナミックディレイは、弾いてる間はディレイ音が出ずに弾くの止めるとディレイが
かかるというギターソロ向きなディレイタイプです。
一番使用頻度が高いのが、デュアルディレイではないでしょうか。
ステレオで出すと、別々のディレイタイム&テンポでかかるの使い用によっては
面白いですよね。
ちなみに、モノ出しするとディレイライン1しか使用されないので普通のディレイと
同じように使えます。
そうそう、どのディレイタイプもハイ&ローカットが付いてるので
テープエコーのようなニュアンスを付け加えることも可能ですよ。
この点、EventideのTIMEFACTORは優れてたかな。
ヴィンテージディレイとテープエコーのシミュレートあったし。

・PITCH
G-Major導入で、けっこう使いたかったエフェクトだったりする。
これとコーラスで組み合わせると、サウンドに奥行きが出るんでクリーントーンの
アルペジオのときなんかはけっこうかけてます。
ワーミーも出来るみたいですけど、外部接続でペダル必要ですね。

・REVERB
ド派手にかけるも良し、アンビエンス的にかけるのもまた良しということで
使用用途が幅広いですね。
個人的には、雰囲気作りにうす~くかけるのが好きです。
あと、ギターソロのときにホール系のリヴァーブかけるのも良いですね。


とまぁ、足早にG-Majorの感想を書き連ねてみましたが素晴らしい機材でした!!
ラックシステムに遂に足を踏み入れたわけですが、空間系はもう大丈夫でしょう。
ディレイをTC、ピッチ&リヴァーブをEventideにするなんていうペトルーシ仕様には
することはないと思います(笑)
世界ツアーしないし(笑)

あと、ラックで必要な機材は
RJM RG-16
Custom Audio Japan Effectloop Interface Ver.1
Custom Audio Japan GVCA 2 rev.3
って感じですかね。

なんでループとアンプのch切り替え用のRG-16がリストアップされてるかというと
アレがあるからですよ、奥さん(笑)
大学のテスト終わって一段落したら報告しようかな。

電源とかチューナーも組み込むとして、4~5Uサイズのラックになるんでしょうかね。

さらに、足元にRJM MasterMindをMIDIコントローラーとして置いて
ヴォリュームペダルとワウ、Xoticの二台、クランチ用に歪み(これがXoticのアンディモデル
になればいいんですけど)なのでそれなりにかさばるセットになりそうだ(笑)

冷蔵庫への一歩目。

ギタリストが冷蔵庫といって、なんだか分かった方は鋭い!!

サウンドシステム完成に向けて、遂に空間系をラックに変更しました。
TIMEFACTOR売りましたよ、はい。
アレはアレで、すごい出来のいいペダルでしたけどね。
自分の求めるシステムには必要なかったので早々におさらばしてしまいました。

ちなみに、購入価格からは1万差以内ぐらいで売れたのでけっこう嬉しかったり(笑)

というわけで、導入させていただきました!!

img1029536835.jpg
t.c. electronic G-Major

タイムファクターが高値で売れてくれたおかげで、セール価格も手伝って新品を
4000円ぐらいの出費で買うことが出来ました。

さっきから、ちょっと試してみてるわけですけどもね.......
ディレイだけでも、かかり方が半端無く綺麗です。
澄み渡る空って感じです(笑)

コーラスも欲しい音そのままだし。


いろいろ、弄くってからレビューはさせていただきたいと思います。
先に何点か不満を言っとくと、よく言われてるようにけっこう音痩せする。
あと、ツマミがけっこうグラグラしてなんか不安だ。
音痩せに関しては、もともとCAJかSuhrのミキサーを導入する予定だったので
ふ~んって感じです。
ツマミは、まぁ仕方ないんじゃないですか(笑)

ケーブルについて再度考えてみる。

なんか、慌ただしく過ぎていきましたよ、今年の年末年始。

ここ数年は、年末年始ずっとバイトだったので慣れていたつもりだったんですけど
今回はなんとも言えない疲れが体に....

それでも、やってこれたのは新しく我が部屋に導入されたあの機材の存在が
あったに他ならない!!
ぜって~、言わねーぞ。何が来たかは。三ヶ月ぐらい待ってください。

まぁ、『あぁ、なるほどね』って感じの機材です。

今回の記事書こうと思ったのも、その機材が関係してます。

機材大好きな私は、当然シールド(ケーブル)にも拘るわけです。
正直、ケーブル一本に2万ぐらいなら全然出せると思ってる(笑)
ケーブルってスゴい面白い世界ですからね。
ハマるとホント出て来れなくなるんですよ。

そんなわけで、じっくり自分の目指すサウンドに合ったケーブルはどれなのかと
吟味することにしました。

今メインで使ってる、というかいつもそれが刺さってるから使ってるのは
オヤイデ電気さんがプロデュースしているNEO-PA01。
上から下まで満遍なく、バランス良く、しかも各レンジがⅠランク太くなったような
気さえする音色のケーブルです。
あ、ケーブル繋げば繋ぐほど確実に音は劣化していくので低音が出るようになったとか
きらびやかになったみたいな表現ってある種正しくないと思うんですね。
出てるんじゃなくて、他の音域が引っ込んでるから相対的に聴覚上は『出てる』ように
感じるというわけです。
まぁ、つまらない話ですけど。
とはいえ、『出てる』って表現のほうがしっくりくるのでそういう風に書きますね。
で、PA01の話。
スゴいタッチに敏感だし、特別にどこかの帯域にクセがあるというわけでもないので
ギター、アンプ、エフェクターの特徴がそのまま出る気がしますね。
ただ、もう少し中域出ると面白いなと思ってます。

次は、BELDEN 9778。
これは、繋いで音出した瞬間にこのケーブルだってわかるタイプですね。
高音のざらつき感がとてもロックですね(笑)
自分はあまり好きなタイプではないですけど、スゴく良いケーブルだと思います。
全体的にスッキリした感じで、そういう音好きな方はコレ選択するんじゃないですかね。

最後は、NEUMANN
これも面白いケーブルですね。
この三本の中だと、一番弾き続けたくなりますね。
とにかく音楽的な素晴らしい音がする!!
低音は、けっこうスッキリしててその分中高域の艶の出方が半端ないです。
個人的な感想では各音域 ベース5、ミドル7、トレブル7って感じのトーンだと思います。
3、4弦あたりで弾いた時の気持ちいい感じあるじゃないですか?
あのあたりがググッと聴こえてくる感じなんですよ。
クリーンで弾いたときのチャリ~ン具合は、他の追随を許さないかと(笑)
ただ、歪ませると迫力感に欠けるかと...
いや、歪ませても素晴らしいケーブルのはずなんですけど、歪ませると途端に
難易度が上がると言いますか、弾き手の技量を問われるというとてもサディスティックな
ケーブルでもあると(笑)

そういえば、バルバロッサのケーブルのモニターになったときもこんな記事を書いた
よな~なんて....

なんで、似たような記事書いてるかというと、例の新機材の導入によって
自分が描いてたサウンドシステムのベースが70%ぐらいは出来上がったんですね。
あと欲しいエフェクターで10%
残りの20%は直接音には関係ないところ(スイッチャーとか)

なので、もうそろそろシステム構築に乗り出そうかなと思ったところで
各セクションに繋ぐケーブルをどうしようかなと。

センド&リターン、エフェクト間のパッチなんかはもう決まってるんですけど
ギターからの一本目と最終的にアンプに繋がるやつの選択で迷ってます。

今のところ、BELDEN 8412かMOGAMI 2534あたりが面白いかなと思ってます。
プラグとか半田指定できるお店があったので、そこで作ってもらっていろいろ
吟味します。

皆さん、どこのケーブルをお使い?

プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。