スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嫁に出すか。

こんな朝からおはようございます(笑)

本日から、大学祭の準備等でいろいろいそがしくなります。
なのに、寝不足です。ちょっと頭も痛いです。

さてさて、いろいろ思うところがありまして機材整理をしようかなと。
整理と言っても、そうできる機材があまりないというのが現状だったりなわけですが(笑)

今回の機材整理は、単に資金集め(ちなみに、アレ用ではない)のためというのと
ギター一本に絞って付き合っていこうかなと。

それに伴い、
Fender USA '62 Stratocaster (Thin Lacquer Finish)
Ibanez AT300AV
を買い取り、もしくは委託販売という形で手放すことを検討中です。

別にギターに不満があって手放すのではなく、『お金』の問題です。

ストラトにはトーマスのサイン入ってますけど、知名度からいって
汚れ扱いですよね。
だから、そんなには値段付かないと思います。
もう、この際それでも良いかなと
正直、部屋のスペース的にもう限界な訳で....
アル意味、程度とかどうでも良いからUSA触りたいって方だったら
買っていただけますかね?
まぁ、サインが入ってるという意外は美品だと思いますよ。

もう一台のAT300は楽器屋にも一生、もしくは数年持っておいたほうが良いと
言われ、躊躇するところがあるのですが金額次第では....という感じです。
こっちのサインは、そこまでマイナス要素にならないのでは?
シグネチュアなんだし。
いや~、今年待ち望んだアンディ来日もあってそうとうな思いが詰まってる
ギターなんですが背に腹は代えられない的な状況もあって手放すかもです。
これは¥ASKって感じですね。

とまぁ、こんな感じです。
ストラトはけっこう本気で手放すつもりなんで、もし買いたい、興味がある方
いらしたら連絡ください。
価格は応相談って感じで。



なんか、いろいろ申し訳なくなってきた。

でも、やっぱいろいろあるしね。

ちなみに、AT300を仮に手放すのであれば委託か、個人売買って形になると思います。
売り手側から言わせて頂くと、コレクターっ気がある方よりも、ガツガツ弾いてくれる
方のほうが手放し甲斐があります。
ここまで書いといてあれですけど、まだ手放す決心はついてません。
楽器屋の店員さん、身の回りの方々の意見も参考にしつつ決めたいと思います。
スポンサーサイト

Flaxwood Special Guitar Clinic08 Featuring Richard Lundmark

なんか怒濤のように過ぎていった一週間だった。
楽器フェア1日目に引き続きましてRichard Lundmark氏のクリニックを
見にイケベ楽器アンプステーションに赴きました。
title_20081028012408.jpg
とりあえず、チケット(予約券)を交換しに渋谷店へ....
『全然、人集まってないんですよ~。お客さんの友達とか呼んでくださいよ(笑)
あ、お客さんが一番に電話してくれたんで順番は1番です』
という会話がありまして、平日だしけっこうマニアックだしな~と複雑な感じ。

まぁ、開場までの空き時間は当然アレですよ、アレ(笑)

時間を早送りして、入場。
CIMG0303_convert_20081028011912.jpg
てか、Elmwoodの下のキャビってDivided by 13じゃないですか!!
リチャード、それ反則だって(笑)
絶対、良い音するに決まってんじゃん!!
CIMG0310_convert_20081028012049.jpg
これ、SOLID CABLESっていいます。
まだ、国内でもそれほど出回ってないのでご存知の方は少ないと思いますが
これから流行るんじゃないかなと予想してます。
私、ケーブルの情報はけっこう仕入れてるんでこういうの気になって仕方ないんです。
思ったより、リチャードってハイエンド系好きなんでしょうかね。
北欧系のギタリストって、あんまりそういう気配ないけども。

とまぁ、そういう機材のチョイスがあってか出音はかなり良い感じでしたね。

クリニックは、キムさんの説明から始まります。
楽器フェスティバルで聞いたのと同じなんで、軽く聞き流す(笑)
質問コーナーが設けられていて、まずはギターその物についてでしたが
とても建設的な質疑応答が繰り返されていましたね。
正直、自分は構造にはあまり興味がなく出音が好きならそれでいいんで
特に質問することがなかったですね。

リチャード自身に対する質問コーナーも設けられておりまして、
自分は『音作りに関して、目標にしている人はいますか?』という質問を
させていただきました。
スタイルによって音作りは変わってくるけど、お気に入りはBlues Saraceno。
サラセノをあげるギタリスト多いですよね。

たしかに、リチャードの音って近いところあるな。

数曲、デモしてましたけどもっと弾いてほしかったな~。
開始時間がもうちょっと早ければ......
そういった意味では消化不良でクリニックが終わりました。

アンプステーションを上がっていったところに、リチャードが他の参加者と
話してました。その横にフリーなキムさんがいらしたので感謝の言葉を述べました。
キムさんにサインを求めたら、『俺はギタリストじゃないからいいよ~』と
謙遜なさったので『No!!No!!No!!』と粘り強くサインを求めてみました(笑)
その後、リチャードもサインを書いてくれました。
CIMG0315_convert_20081028023424.jpg
そして、もはや恒例の撮影会。
ここでも、キムさんは『いいよ~』と言ったので『No!!No!!No!!』と
参加してもらいました。
CIMG0312_2_convert_20081028012139.jpg
リチャードが、メールくれればファーストを送ってくれると言ってくれました。
来日前のメールでも欲しい!!と送ってたので、ソールドアウトになってたみたいですけど
焼いてくれるのかな?
ってか、前メール送ったときに教えてくれたリンク先をもう一回送ってくれるのかな?
う~ん、複雑だわ(笑)

楽器フェスティバル

というわけで、楽器フェスティバル1日目に参戦してきました。
目的は、2つあってRolandブースとRichard Lundmark(リチャード・ランドマーク)
を見に行くことでした。

イベント、ライブ、クリニック時にはもはや定番でありますう~太氏も
同行いたしました。
まぁ、私はかなりの寝不足ながら朝一で池袋に向かったわけです。
通常、電車の中では大変バカバカしい話で盛り上がるので眠くなる暇がないんですけどね(笑)
それなりに余裕をもって、池袋に到着し軽く腹ごしらえをしてからサンシャインへ。

20分ほど待機.........

開場!!!!
当然の如く、ローランドブースへ直行!!
とりあえず、V-Drums,Hand Sonic,FantomG,V-Synth GT,SH-201,SP-555あたりを中心に
お触りしてみました(笑)
で、こんな写真が出来上がったり(笑)
CIMG0300_2_convert_20081026130114.jpg
やっぱ、12より20だよな~。いえ、こっちの話です。
サンプラー、何気に欲しい。あと、SH-201もかなり購買意欲をそそる代物(笑)
ここで、かなりの時間を潰して他のブースへ。
KORG......ダメだこりゃ.......
ローランドと比べると、触って確かめてください感が感じられん!!

というわけで、プレミアムギターショウへ.....
毎回思うけど、展示・販売してるギターが半端なく良いものなんですよね。
PRSのプライベートストック系とか、通常のギターより断然高いハイエンドメーカーの
ベースもあるし、SuhrとかTom Andersonも普通にあるという状況。
そうそう、SuhrのModernシリーズを初めて見ました。
写真とかで見てたよりもボディが薄かったです。
見るからにテクニカル系インストを弾けそうなオーラが出てました(笑)
Fender,GibsonのCustomShop系は、東京ギターショウ&プレミアムギターショウに
良い出物が集まりやすいんでこういうとこで買うと良いのに出会えるんですよね。
皆さん、覚えておきましょう!!
Suhr大量展示とかしてくれるお店なかったな~(笑)

と、こんなところで昼食。
池袋のラーメン屋さん。
で、またサンシャインに戻る。

楽器フェア前半で、目的の一つであるRolandブース巡りを終えたので
後半はRichard Lundmark氏のクリニックに全力を注ぎます。
しかしながら、ちょくちょくRolandブースへ赴き試奏を楽しんでいたことは
言うまでもありません(笑)

Flaxwood Guitarクリニック。
文句なしの正面最前列を確保です。
CIMG0286_convert_20081026125749.jpg
Elmwoodのアンプ欲しいわ~。
音的には、ボグナーみたいな中域ムッチリ系かな。
本家見ても載ってないみたいなんですよね。
明日、リチャードにまた会えるんで聞いてみたいと思います。
え、ElmwoodってTodd Duane使ってんの?
買うしか無いじゃん!!
日本に代理店自体ないじゃん!!
え、円高じゃん!!
海外輸入するしかないじゃん!!
す、すいません、取り乱しました。
CIMG0289_convert_20081026125826.jpg
というわけで、彼のデモ聞いたんですが、とても良いフィーリングをもった
ギタリストですね。正直、難しいフレーズは何回かミスってたんですが
彼の場合は、曲その物が自由度が高いので大丈夫なんですよね。
ほら、Eric Johnsonの『遥かなる~』とか出来上がりすぎてる曲だから
フレーズミスると皆『あ、ミスった』って批判する。
ペトルーシなんか、1音ミスっただけで大ニュースですからね(笑)
そんなわけで、リチャードは雰囲気で弾くタイプです。
CIMG0285_convert_20081026125701.jpg
曲は、ほとんどがまだ未発表のアルバムからでしたね。
ちょっとファンク路線から、ブルース、なぜかマティアスぽかったり
現代に生きるギタリストだと思いました!!

クリニック、というかちょとデモしただけって感じですけどね。
終了後に、少し話ました。あと、写真も。
まぁ、月曜日にまた会うんで。
CIMG0294_2_convert_20081026125921.jpg

楽器フェスティバルを後して、KEYの池袋店にてV-Drumをまた見てきました。
さすがに、こんだけ話題にしてるってことはね、ほら(笑)
では、最後に(笑)
CIMG0299_2_convert_20081026130007.jpg

Marco Minnemannドラムクリニック

CIMG0268_convert_20081022235546.jpg
なんだろうな~、やっぱマルコはアホだわ(笑)
映像とかでおぉ~うめぇ~って感じでしたけど、生でおぉ~人間じゃね~って感じに
変わってたわけで(笑)

とりあえず、3時過ぎくらいに御茶ノ水寄ってきました。
目的は、いつもの楽器屋とドラム関連の機材見に行こうかと。
いつもの楽器屋で、特価のPRS弾かせてもらいましたよ。
あれは素晴らしいギターですね!!モダン系なギターが一台欲しいと言ってたけど
PRSも候補に入りました(笑)
ちなみに、ドラムの機材見に行ったのはマルコのクリニックがあるというだけが
理由ではないんですよ。いや~、その真意を知るのは来年になるでしょう。
そう、そういうことです。
『私は本日をもちまして・・・・』的な展開になることでしょう。

さて、御茶ノ水を後にしていざ秋葉原へ!!
とりあえず、ドラステに直行。
マルコがウォーミングアップしてないかな~と淡い期待を抱きましたが流石にそれは
なかったです(笑)
Marco MinnemannとJojo Mayerのスティックとケースを購入し会場へ向かいました。
なんでスティックを2セット買ってるかは、来年の今頃には明らかになってるはず(笑)
並び始めて数分後、後ろを見て『こんなにクリニック受けるのかよ!!』ってくらい
並んでらっしゃいました。実は会場が開場になってからもぞくぞく入ってきたので
相当数入ってたと思います。
1時間以上待って、やっとクリニックが始まりましたね。

まぁ、背が高い(笑)
最前列で見れたのですが、最初ドラムセットに隠れてマルコの顔は見えないかなと
思ったんですが、ドラムセットから余裕で顔飛び出してました(笑)
挨拶代わりに数曲デモ演奏...
あら、私らのバンド入ってくんないかな。
ヴァーサスタイルじゃ、この男。
足元の映像も映ってたので、先々のことを考えて勉強させてもらいました。
なんという足さばき!!アクセルとブレーキとクラッチを....ってぐらいに
足技が巧みであります!!
あそこまで出来なくて良いや(笑)

そこから、1時間近いドラムソロ。
流石に長いでしょ(笑)まぁ、いろんな技を見れたんで良いです。
ここは説明するのが長くなりそうなので省きます。
だって1時間のドラムソロのレビューなんて書けないでしょ(笑)

それより、質問コーナーで『ドラムソロの組み立て方を教えてください』に
対する答えが非常にわかりやすかったです。
ドラムセットをいくつかのセクションに分けて考え、そこからいろんな組み合わせを
探してくというもの。
複雑なフレーズのからくりも説明してくれましたね。実践するかどうかは別として
ためになります。
そういう複雑な組み合わせのフレーズを叩く際は、まず一つのリズムを完璧に
こなしてから、他のものを組み合わせなさいっていうのも当たり前のことなんでしょう
けども、マルコほどの人が言うと説得力ありますね。

で、ザッパを叩いて、最後は三曲続けてのデモ演奏でした。


そして、もはや今年の恒例行事なりつつあるサイン会&写真撮影。
スティックケースにサイン貰い、ipodに入ってるUKZのジャケを見せたら
喜んでらっしゃいました。
ちなみに、UKZでジャパンツアーの予定があるとかないとか。
来年の8月以降で、アンディとかジェフが再来日しないならという条件付きで
全公演遠征したいと思っております(笑)
私、アホですかね(笑)
CIMG0276_2_convert_20081022235434.jpg
CIMG0278_convert_20081023010032.jpg

並々ならぬ決意を持ってアキバに赴こうと思う。マルコー!!

というわけで、明日はMarco Minnemannのドラムクリニックです。
マルコといえば、次世代を担うスーパードラマーの一人。
あのTerry Bozzio先生が、『テクニックに関してはマルコが上』と言うほど
馬鹿テク&変態ドラマーなわけです。

ちなみに、ドラマーで尊敬する人といえば、Marco MinnemannとVinnie Colaiutaですね。
ギタリスト視点から見ても、大変魅力的なドラマーです。

そのマルコのテクニックを目の当たりにできるとはなんという幸運!!

元々、マルコのクリニックは楽しみにしてたんですが、ここ数週間で一気にその熱が
上がり始めた(笑)

ちょっとずつ動き始める、我がバンド....

l_20e6a5d81db3316fca1ec129221202cf.jpg

けっきょく、行き着くところは....

自分が最終的に手に入れるギターってなんだろうな?って思ったり...

まぁ、Fender C/Sに手を出すときに『これで終わりだ』と思ってたんですが。
ギター弾く方ならわかるでしょ?何本も欲しくなる感じ。
そして、年を取って一本で良いと思い始めて、さらには足元もだんだんシンプルに
なってくという。

というわけで、まだ若いから買っても大丈夫(笑)
でも、社長の息子とかではないんで数に限りがございます(笑)


Fender CustomShopに手を出した時点で、ある意味ヴィンテージ系の最終地点に
着いたかと思います。本物のヴィンテージは買わないし、買えない。
リアにハムを載っけたいという衝動にかられつつ、SuhrとかJames Tylerのランドウ仕様に
手を出すという贅沢な妥協案も出ていますが(笑)

もう一つ、モダンなタイプのものが欲しかったり。
この前J-Customを弾いて思いましたけど、やっぱり圧倒的に弾きやすいんですよね。
もちろん、C/Sストラトもビッグフレットだし、指板もフラット寄りになってるんで
いわゆるヴィンーテージ系と比べればやっぱ弾きやすいんですけどね。
今持ってるストラトは、遅く弾くことで味がある音になるといいますか、一音入魂タイプ。
手数の多いフレーズにはあんまり向かない気が。

H-HかH-S-Hのピックアップ配列でフロイド(もしくは、ウィルキンソンの二点支持)
が一本あるといろいろ安心ですね。
それで、DREAM THEATERを弾きたかったりといろいろ.....

とまぁ、新しいギターを買う場合の言い訳を書かせていただきました(笑)

正直、やろうと思えばストラトでペトルーシになることも可能ですが
怪物的な粗さを持つわが愛器と格闘しながら弾くんじゃなくて、もっと
ストレスなく弾きたいんですよね。

やっぱ、SuhrのModernかな~~。

そうそう、実は最近になってテクニカル系最高峰と思われるGuthrie Govanを
ストラトで弾き始めたという今回の記事を覆す事実(笑)
Trans Burgundy - Full

Ibanez J-custom MRG-9

iba_mrg9_bd2_web.jpg
いや、別に買ったわけじゃないですよ。
毎年、この時期になると各楽器屋がこぞってオリジナルのJ-Customを発表してきますね。
正直、ロックインとかイケベさんのオリジナルはJ-Customの良さが発揮されてないと
思ったりします。変に狙いすぎな仕様が多くて、なんか違うなと。

その点、クロサワ楽器のオリジナルは評判は良いですね。歴代のモデルも。
要所を押さえた良い仕様になってると思います。

去年のルビーレッドみたいな色のオリジナルからボディ内部にチェンバー加工が施された
わけですが、今年はチェンバー二年目ということで音の狙いがハッキリしてるように
思えました。
去年は、『軽さを追求』した結果、音も良い感じに仕上がったとは店員さんの弁。
たしかに去年は持った瞬間笑っちゃうくらい軽かった。
音はどうだったかな?去年の記事を参照してください(笑)

今年のは、音が締まってて良いですね~!!
よくギタリストがインタビューで『ビッグなロックアンセムを弾くのに適してるんだ』
なんてこと言ってますけど、あぁ~こういう音のことなのかななんて思いました。
去年のは、艶っぽくてメロディアスなソロなんか弾いたらヤヴェ~って感じだったんですけど
今年のはさらに低音弦中心のリフにもグッときた!!
試しに、ディープパープルの『Burn』、WHITESNAKEの『Love Ain't No Stranger』
『Bad Boys』のリフなんかを軽く弾いたらなんかスゴいしっくりくるんですよね。
けっこう泥臭い感じのリフ弾いたら良いかもしれない。

あと、IBANEZ全般に言えますけどフレットの処理は相変わらず見事ですね。
Suhrあたりもかなり丁寧なほうだと思うけど、Ibanezには勝てない。
お国柄ですかね(笑)


あ~~~~、なんかめっちゃこのギターの感想書きたいんだけど
頭が全然回らないです.......
まだ、5本入荷してくるみたいなのでもう一回弾かせてもらいます。
そんときにちゃんとした記事にします。

ディマジオ限定で載せ変えてみることにしようと思ってる。

ディマジオ限定、しかもシングルサイズ縛りでC/Sに付けるとしたら何付けます?
御茶ノ水のある店が、ディマジオ限定で工賃タダということで見事に釣られてみました(笑)


C/Sのリアそのものには不満はないんだけれど(音太いし)ハム的なニュアンス
欲しいからTonezoneあたりかな。でも、見た目的にアレか。
ヴァーチャルヴィンテージのソロ(だったと思う)なんかは、通常のシングルコイルに
比べるとけっこうハイパワーらしいけど、見た目的にもサウンド的にもなんとか
シングルを維持してるからこっちかな~。

ん、待てよ......
James Tylerって、けっこうリアにシングルサイズのハム付けてるよね。
じゃあ、見た目的にツインブレード系でもOKだ(笑)

う~ん、気に入らなければ外せば良いんだし。

あ~、やっぱリアハムのストラト一本欲しくなっちゃうよな~。



プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。