スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBANEZとXBOXがコラボレーション?

最近では、エイリアンのグラフィックデザイナーとのコラボが記憶に
新しいのですが、今度はなんかすげ~!!

XBOX360のソフト、HALO3とのコラボレーションでして、最近出た
XPTってシリーズを元にしてるらしいです。

値段ですが、計算すると17万~18万ってとこ?
う~ん、高いですね~。

おそらく、日本での販売はないでしょうね~。
スポンサーサイト

片っ端から歪みペダル試してみた。

ねりものさんがLegacyを引き取り(スバルじゃなくてアンプだよ!!)なわけで、
同行いたしました。
まぁ、私の場合は目的違うとこにあるのですが....
Legacyの感想とかは、前の記事で書いたし、なにより所有者のねりものさんが
詳細なレビューを書くはずだ!!明日は、スタジオ入りだったりするので
爆音で試せますしね。
そういえば、ねりものさんが新しくブログを立ち上げたそうなので紹介
neriはそうして出来ている
です。

おそらく、土・日で何かしら書くと思いますよ。

向こうが、Carvin Legacyを買ったから対抗するわけではないのですが(笑)
こちらも着々とティモンズサウンド構築の努力してますよ。
あ、ティモンズ好きだから単なるファン魂で同じ音出そうと思ってんじゃなくて
彼の音は幅広い音楽で通用すると思ってるから参考にしてるんです。
Thomas Blugのときも、ヒュース&ケトナーのアドバイザーだけあって
アンプの性能をフルに使ってるな~というところから、徐々にハマった。
まぁ、最終的には似たようなストラト買ったから、お前影響されすぎだろ!!って
言われても反論できませんが(笑)

ということで、エフェクター試奏で~す(なんと強引な!!)

もちろん、持参のAT300に繋げましたよ。
ちなみに、今回試奏に使ったアンプなんですが、これがなんとも
素晴らしい!!
Mesa BoogieのFシリーズだった!!(と思います)
もちろん、LoneStarとはサウンドが違うのでしょうけれど、メーカー同じなら
だいたいの音の傾向は同じはずだ!!と意気込んだのであります。

さぁ、まず一個目の試奏は

1,Keeley Electronics SD-1 MOD
今になって思えば、2Wayスイッチ付いてなかったけど、初期の製品なのかな?
その辺、詳しい方教えてください。
名器とも言われる、BOSS SD-1ですが、私ノーマルも弾いたことないんです。
ノーマルとの比較は知らん!!
なので、モディファイ品というよりも、これはこれで一つのエフェクター
なんだという視点から感想書きたいと思います。
TS9よりも、重心が低い暖かさがありますね。
低フレットでのフレーズには、心地よい粘りが出ててよろしかったですね。
ただ、暖かさがソロ弾くとどうもな~、これなら、TS系あるから
わざわざ買わなくても良いかななんて思っちゃいました。
よく言われるけど、他の歪み(コンパクト&アンプ)と組み合わせる形のほうが
良いサウンド作れるかなと思いました。
今回は、メインのペダルをと思って試してるのでこれはパス。

2,IBANEZ TS9DX
これは、キーリ試し終わった後に、これ試してみる?ってことで差し出されました。
普通のTS9にホットやらターボやらプラスモードが付いてる機種ですね。
そういえば、今年Keeleyモディファイ試したな。
あれは、各モードの音がハッキリしてて使いやすかった。
さて、このTS9DXですが、さほどデラックスではない?(笑)
なぜか、TS9モードが一番歪んでるように感じたのは気のせい?
あまりに歪みすぎて、わからなかったとか?
いやは、それはないでしょう(笑)
チェンジ、チェンジ!!

3,Sobbat DB-2
これ、けっこう使ってる人いるのでは?
そう、国産で可愛らしい絵が書いてあるアレです。
まず、1音出して店員さん一言『音抜けるね』。
試した二つとは、全く違う音でしたね。
良い意味で音に角が立ってるというか、輪郭がハッキリしてる感じなんですよね。
けっこう弄くってみたんですけど、軽いクランチからゲインマックスでやっても
使える音でしたよ。さすがに、ゲインマックスだとノイズの問題出てきますが。
ティモンズサウンドにかなり近いかもしれないです。
これで、Electric Gypsyなんか弾いたら完璧ですよ!!
ほぼ、これに決定しかけたところで、新たな刺客。

4,Sobbat DB-3
ブーストスイッチが付いたりと、サウンドに幅を待たせたということに
なるのでしょうか。
3まで来ると、けっこう歪むんだろうな~という変な想像してたんですが、
これが、歪まないんですよ(笑)
もしかしたら、ノーマルのTS9と同じくらいなんじゃないかってぐらいなんですよ。
DB-2弾いた後だから、そういう風に感じたのかもしれないですけどね。
DB-2に比べると、上品な感じですね。DB-2が沢尻エリカでこっちが長澤まさみって
ところでしょうか(笑)
これはこれで良い音だけど、今欲しいのはこれじゃないなと.....


結局沢尻エリカことSobbat DB-2を買いました(笑)
で、家でいろいろセッティングしてるわけですがトランジスタだとジャリジャリ感が
出てしまって難しいですね~。
JC-120だと、音作りに苦労しそうだ。
やっぱ、チューブアンプ買うか~(笑)

Carvin Legacyを弾きまくるの巻。

なんと、カーヴィンのスティーヴ・ヴァイシグネチュアアンプ買いました!!
私じゃなくて、ねりものさんが!!

まぁね、某所で格安のレガシーを見つけた私が全ての始まりです(笑)
いつものように、私はAT300を担いで現地へ赴くわけです。
ティモンズモデルのバックパネルを取り寄せてもらうため、楽器屋寄って
軽い気持ちでアンプのフロア見た私たちは3時間ほど同フロアに居座ることに
なります。

とりあえず、レガシーの新品はあるぞと。

実は、その時点ではなんも感じなかったんです。
一ヶ月前に一回弾いてるし。

お店に入ってきたばかりというLine6とボグナー共同開発のアンプを
弾かせていただきました。ちなみに、ねりものさんが店員さんよりも
先に弾かせてもらうという羨ましい状況。
私は、二番手です。
Line6といえば、POD等の存在がありこのアンプもデジタル臭いのかと
思えば、流石に真空管積んでるだけに良い音かまします。
クリーンは、独特の暖かさが出てると思いますし、歪ませても腰砕けのない
良い音だと思いましたよ。エフェクトも内蔵されてるから、これ一つあれば
問題ないでしょうね。
プリセットパッチで、John5があってウケました(笑)
他にも、アーティスト名そのままのやつがあって面白いですな。
で、ねりものさんと私、店員さんで『音良いね』って話になりました(笑)
軽いテンションで買うか~みたいな空気になってました(笑)

しか~し!!こっからが本番!!

そういえば、レガシーの中古入ったはずだという話になりまして、
再度確認しますとまだあるわ~って感じでそっから長く、濃密な時間を
過ごします(笑)
とりあえず、どんな音だったっけってことで新品を音出しです。
ねりものさんが、JEM使って試奏。
まぁ、あれです。レガシーの音よりもタッピングが上手くなってんのに
ビックリしましたよ(笑)なんか、ヴァイっぽいフレーズちらほら
弾き出すし(笑)
で、なんか私も弾かせてもらいました。
ティモンズモデルのギターに、アンプはヴァイモデルってことで、どんな
音になるんじゃなんて思ってたんですが、これがまた良い音出しやがる!!
あ~、こりゃ良いね~なんて言ってましたら、中古どうしますということで
ねりものさん即答で『買います』でした(笑)
でまぁ、いろいろあって本体が店舗到着。
外装の状態確認等して、結局買うってことになりました(笑)
とりあえず、中古だからサウンドチェックということで、もう一度弾いてました。
ねりものさん『大丈夫ですね~』店員さん『大丈夫だね~』みたいなやり取りの後、
『最後に弾いてく?』という私へのフリ。『あ、弾きます(笑)』
ねりものさんが、いろいろ手続きする中、1時間以上レガシーを独り占めしてました。
なんか、ずっと弾いてていいよ~みたいな雰囲気。というか、私も店員さんもこの
試奏の終わらせどころを見誤って延々と弾くことに(笑)
このアンプ、クリーンがとろけるぐらいに良い音出すんですよ。
これ一家に一台欲しいわ~(笑)

で、ねりものさんよりも私が弾き倒したところで、後日引き取りということで
楽器屋さんを後にしたのでした。


新機材を導入した、ネリーヴ・ヴァイ(ねりものとヴァイを合わせてみました)
の音に注目だ!!

theme : ギター
genre : 音楽

楽器フェアレポートPart.2

PRSのライブレポートを予定してましたが、楽器フェア本体の
レポートを続けます。
ライブの模様は、番外編ということでお届けしましょう。

さぁ、ついにChristophe Godin(クリストフ・ゴダン)を見ることが出来ました。
まぁ、デモ演奏まで時間あるんで軽くLaneyブース立ち寄るつもりで行ったのですが
向かいのブースにトシ・ヒケタさんがいるのに驚きつつ、Laneyに目をやると...
いました(笑)まぁ、ギリギリに届いたアルバムとギターのセミハードケースに
サインしてもらいました。サインだらけになったケースは次回の記事にでも紹介
しましょう。

思った通り、優しい人柄でファンの心を癒してくれました。
サインには、絵も一緒に書いてくれるし。
なぜか、写真を一緒に撮ってもらったら首を絞められたり(もちろん、軽くですよ(笑))


もうデモの前に満足してしまった感はありますよ(笑)
しかしながら、そこで帰るわけないのでして、デモ演奏最前列確保いたしました!!
ユニークな効果音的なフレーズを出したかと思えば、大変
気持ちのこもったエモーショナルな演奏を聴かせてくれたりと、バリエーション豊か
な演奏でしたね。
最初、ガランとしてたブース前が、何曲かやるうちに人が集まる、集まる(笑)
確かに、演奏スタイルがヴィジュアル的にも目立ちやすいというのはあるのですが
やはり、あれだけの技術を持っているからこそ、人を引き付けるものがあるんでしょう。


正直、他にもいろんなこと書きたいのですが文章がまとまりませぬ(笑)


DSCF0015.jpg

DSCF0026.jpg

DSCF0028_2.jpg


楽器フェアレポートPart.1

なんか、久しぶりに興奮するイベントだった気がしますよ!!

楽器フェア2007

今回が初めての楽器フェア参戦になります。
やはり、規模が大きいですよね。
とりあえず、ぐるぐる回って、どんな製品があるか物色してみました。

やはり、気になるのはメサ・ブギーでしたのでいろいろ撮ってきましたよ。
DSCF0004.jpg

DSCF0002.jpg

DSCF0001.jpg


上:レクチのカスタムオーダーモデルでしょうか。外張りをいろんなスタイルに
  することが出来るんですよね、このメーカーは。赤カッケ~と思いつつ
  隣に目をやるとやたら渋い一台。
 
中・下:最近出た、Expressシリーズのメイプル外装。   
    こりゃカッケ~わ。ローンスターでオーダーしたいです(笑)

DSCF0012.jpg
ペトルーシモデルの限定版です。
なんか奥で細々と展示されてました。もっと大々的に宣伝してもいいのでは?
まぁ、簡単に写真撮れたから良いんですけども(笑)

今日は、どちらかというとアンプとエフェクター系のブースに絞って
見学してみました。


で、今回見かけたアーティスト。
トシ・ヒケタさんが会場にいたんですよ~!!
あの髪型は、彼に間違いない!!
サイン貰おうと思ったんですけど、なんか妙な緊張ありまして声かけられず...
日本人だと、逆に話しにくいぞ~。

でですね、PRSのライブの時間が迫ったところで、もう一度モリダイラのブース
行ったんです、目的はヨナス・ヘルボーグ。
あ~、やっぱりまだ来てないか~と思ってモリダイラのブース一回りしてたら、
そばにあるポスターと似た顔が目の前にいるんですよ(笑)
『あ、ヨナス』思わず、一人でつぶやいてしまいましたよ(笑)
どうやら、受付の女性をナンパ中(笑)
そのナンパ(笑)が終わるのを待って、話しかけてみました。
『エクスキューズミー?ヨナス・ヘルボーグ?』なんだこの英会話。
いやね、緊張のあまり口から出てきた言葉がそれだったんですよ(笑)
そんな様子を察してくれたヨナスが、『おい、そんな緊張するなよ~』みたいな
感じで肩をポンと叩かれたんですが、余計緊張するんですけど。
で、アートメタル良い感じだねと当たり障りのない会話を楽しんだ後に
『サインください!!』『いいよ~』ということでAT300のバックパネルに
書いてもらいました。
DSCF00032.jpg
あれ?もしかして逆?
まぁ、いいや(笑)ってか、ヨナスさんもうちょっと複雑なサインのほうが
嬉しいぞ~(笑)


Part.2はPRSライブの模様をお伝えします。
明日の朝あたりにアップするつもりです。
プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。