スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明けと見せかけ.....

え~と、この記事を書いてる時点ではもう2007年になってます。
でも、31日更新ってことにしましょう(笑

さぁ、2006年を振り返りましょう。
音楽&ギターの面だとかなりオモシロい年でした。

まず、年初めにEric JohnsonとThomas Blugをヘビーローテーション
でかけまくり。
春、Andy Timmonsのカッコ良さに惚れる。
そして、ティモンズモデル欲しくなる....

夏、Rob Balducciしか聴かなくなる....
夏なのに重たいバラードかけまくる。

おっと、忘れてた。
7月だかに、クロサワロックフェスティバルにて
アンジェロ先生を観たのでした。
ちなみに、その日はワールドカップの深夜帯と重なり
一睡もせずに鑑賞したんですよ。
当日のことはあんまり覚えてない。
でも、ずっと笑ってたのは覚えてる(笑
それが、アンジェロラッシュなのか寝てない故におかしくなったのかは
定かではない.....

秋、アンジェロ先生とVAIに大きく影響受ける。
そのため、JEMとDEANが欲しくなる。
試奏もした。
ちなみに、JEMを試奏した日にはロバート・マルセロに
会ったのでした。
この人の影響でGT-8を買ったのでしたね。

そして、冬にギターをどれにするか悩み
けっきょく62年ストラトをお買い上げ!!

といった感じですかね。

なんか大事なこと忘れてる気がする.....


スポンサーサイト

theme : HR/HM
genre : 音楽

願いが届いたらしい.....

いや~、もう今年も残すところあとわずかになりました。
12月入ってから、時間の感覚がありません(笑

今日、ネット浮遊してたら嬉しい記事。
秋にライブに行き損ねたAllen Hindsのセカンドアルバムが
HMVとamazonでも取り扱いがスタートしたらしいです。
beyonditallalb1.jpg

今まで、海外通販もしくはディスクユニオン、PCIでしか
購入できなかったのでかなり大きな出来事でスゾ。
この勢いでファーストも取り扱って欲しいんですけど...


62年モデルを買ってからというもの、ストラトユーザーの
アルバムしか聴けなくなってる自分がいます.....

明日、明後日は今年の音楽関係のまとめ的な記事を書きます!!

theme : お気に入りミュージシャン
genre : 音楽

H.I.M

今日は、62年ストラトで録音してみました。
まぁ、世にその音源が出ることはないと思いますけどね(笑

明日から、いろいろ忙しくなるんで行けるうちにということで
いろいろ廻りました。
といっても、本屋とレンタル屋だけ......
レンタル屋に前から聴きたかったコッツェンのCDがあったんで

即借り!!それだけじゃ物足りないんで物色してたらありました。

H.I.Mです!!
ダーク・ライト(初回限定スペシャル・プライス) ダーク・ライト(初回限定スペシャル・プライス)
HIM (2005/10/26)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

いつだか、ヤングギターの記事で見てそん時は
『あ~、デス系だろうな~』なんて感じで敬遠しとりました。
帯のところに今世界一セクシーなカリスマヴォーカリストなんて
書いてあったんで、『セクシーな男でデスはないよな(笑)』
なんて思いながら借りてみました。

いや~、いいですね。
昔からのファンの方は怒るかもしれませんが、『北欧でゴシックっぽい
ことやってるBON JOVI』っていう印象です。
艶やかなサウンドが『WHITE GIRL』を思い起こさせます。
(このネタわかるの一人しかいないな(笑))
適度に重く、キャッチーなメロディがなかなかよろしいです、

たまにインストから離れてみると思わぬ良作に出会えるかも....

ちなみに、大の苦手だったドリームシアターをちょっとづつ
聴き始めてきたところです。

theme : HR/HM
genre : 音楽

62年ストラトと戯れる。

DSCF0064_1.jpg

昨日と同じ画像ですんません。
今日は、起きてからずっと弾いてましたよ。

とりあえず、イイ音(笑
フェンジャパと比較のために同じ設定で音出しをしてみましたが
やっぱ違いますね~。
楽器の善し悪しではなく、個性の話ですけどね。

フェンジャパは、開放感に溢れ暴れ馬みたいな印象がありました。
ピックアップが歪みに負けてるかなと思うところも多々ありまして。
でもイイやつでした。これからは、やたらと弄り倒しますよ!!

そして、62型ですけどもヤウ゛ェ~っす。
まずですね、クリーンサウンドがやたらと『大人』
なんか余裕があるんですよ。暖かいというかですね。
低音の感じは、メイプルとは対極にありますね。
特筆すべきは、歪ませたときですね。
二つ歪みのコンパクトを持ってんですが、別物かと思いましたよ(笑
フェンジャパよりも出せる音の幅が違いますね。
だって、オーバードライブ一個でVAN HALEN的なサウンドが
出たんですから(笑。いや~、ビックリしましたよ。
まぁ、USAだからどうっていう部分ではないのかもしれませんけども。
指板、ピックアップによるところですかね。

あと、このギターの仕様ですがTHOMAS BLUGにかな~り影響受けてますね。
けっきょく、アーティストモデルは買いませんでしたが
ある意味究極のTHOMASモデルだったりして...

これぞUSAと思った点が一つあります。
アームというかブリッジ周りですかね。買ったときに、軽~い
調整していただいたのですけど帰ったときにフローティング
させてんのに気付きました(笑
まぁ、THOMAS BLUGに倣ってアームは使いたかったんで
ラッキーとは思ってたんですけどね。
まぁ、ギュワンギュワンしたわけですけども全然チューニング
狂わないんですよ。仮にズレてもアームの上下で直せる
範囲です。
アメデラよりいくらか高かったけどもコッチで良かったと
思った瞬間でした。

ちなみに、アメデラに決めきれなかった理由はフレットの処理
なんですよ。処理が悪い。荒かったので。

とまぁ、こんな感じです。

theme : エレキギター
genre : 音楽

旅の終わり

いや~、今日は疲れた....
けっきょくどうなったかは最後まで言いません(笑
だからって、下までスクロールしないでくださいね。

まずは、新宿。
ここは、ユニオンに行くためって感じでしたかね。
一時間ぐらい漁り....

そして、渋谷イケベへGO!!
さすがに品揃えは東京区域ではピカイチですな。
フェンダー類は確かにあったのですが種類がいま一歩。
ここで、IBANEZのJ-CUSTOMの多さにビックリというか
ビビりました。もうちょっとで手を出すところだった。
さっさと退散。

次は、別の意味で聖地のアキバへ......
ここでは、ラーメン食ったあとにイケベ見に行きました。
見渡す限りフェンダーの山(笑
でも、EJストラトなさそうなんで比較できんじゃないかということで
ここも退散。

最後は、楽器の『聖地』であろう御茶の水へ。
ここでは、一店しか入ってません。
名前は伏せさせていただきますが(要望があればお教えしますけどね)
ってか、前の記事で店の名前出してたかも(笑
まぁ、アメデラが残ってたんでちょっち試奏.....
やっぱ、弾きやすいんだよな~。
S-1スイッチも使える機能だし。
まぁ、せっかく買うんなら納得してから買いたいんで
USAの他のラインナップも物色....

まずは、Eric Johnsonのストラト。
今回は、冷静に弾くよう心がけて...
以前の試奏と若干ですが感じる部分が違ったんで書きます。
まず、ネックですが握った瞬間に『太いな~』と思ったんですが
店員さんの説明によるとそれは裏に肉付けすることで豊かなサウンドに
仕上げてるとか。当たり前か....
あと、指板がめちゃくちゃフラットなんですよ。
昔、円柱型の積み木なんかで遊んだ想い出ありませんか?
まさにアレを丁度半分に切った感じなんですよ。
ホントにかまぼこスタイル。
音は、メイプルっぽいけど高音は少し削ってますね。

ここで、とりあえず保留....

次は、62年モデルのラッカー塗装ストラト。
これは、格好も音もヴィンテージですね。
エリックモデルも元はヴィンテージスタイルなんですけどね。
早速握った感じですが、Rの具合が『ストラト』と思わせます。
今まで握った中では一番しっくりキテタのかも。
肌触りも良かったですしね。
音は、予想通り重心が低いというかゴリゴリ、ゴツンって感じですかね。
ある意味、全てにおいてEJストラトと対極かもしれませんね。

ここから、日本の取っ替え引っ替え試奏が始まります。
音の立ち上がりではEJ。沈み込むような深~い音は62と
どっちが自分にとって弾きやすくて好みの音、もしくは、
好みの音になるか30分ぐらい弾かせてもらいました。
ちなみに、試奏はフェンダーのアンプです。
店員さんも気持ちを察してくれていろいろ説明を.....
音はEJも好みだったけど、けっきょくはネックが基本ってこともあって
62かと思った次第です。


さぁ、けっきょくどうなったか.....

どうしようかな~、言うの辞めようかな(笑

じゃあ、小出しに言いましょうか(笑

まずは、買いましたと。

↓こちらです。

DSCF0064_1.jpg


画像下部に足が写ってますが、心霊写真ではありません(笑
62を買いました。
詳細は明日にでもってことで。

theme : エレキギター
genre : 音楽

ファイナルアンサー?

世間はクリスマスなんですか?
一日の半分くらいスーパーにいたんでそんな雰囲気を
感じることなく今記事書いてますけどね。

さ~て、明日のバイト終わったら火曜にはギター物色してきます。
まぁ、なんか買うでしょう(笑)ん!?そもそも、ギターって
『今日、買うぞ!!』って意気込んで買うものですかね?
まぁ、いいか。

アメデラあたりで決定ですが、なんか他のもん買いそうな気が....
改めて思えば、EJモデルもなかなかいい。
PRSもよろしい...
そして、一時期ブログで熱くなったDEAN。
あっ!!ここまでノーマークなGIBSON ES-335もあった。
あまりにも安ければ335も考えますね~。
JEMもね...

ともかく、ビビッとキタやつお買い上げしますか。
帰りにどこのハードケース持ち帰ってるか、楽しみに
してる自分がいたり......



theme : エレキギター
genre : 音楽

大学テスト&ギターテスト

いや~、速攻で終わらせましたよ。
あ~、でもやっつけ仕事じゃないですよ。
書くべきものは書いて退室しましたから。
人間、金かかると強くなると言いますが、私の場合、音楽絡むと
変な力出るようで。

というわけで、さっそく御茶の水へGOしてきましたよ。
電車に揺られること1時間ほど.....爆睡(笑

降り立ったのは、午後4時。
とりあえず、ディスクユニオンへ。
RON THALを買うかどうか迷った結果、目指すべきポジションとは
違うなと我に帰り却下。

んで、楽器屋巡り。
おっ、今度はジェフ・ベックモデルが14万台になってる!!
ん!?もう一個は普通の値段。チョイ傷か?
ベックモデルの試奏はパス...お店の雰囲気が高価すぎて
ちょっと気が引けました。
次~、アメデラを見る~......
店員さん覚えててくれてたらしく、話が進む。
今日こそは試奏をってことでお願いしました。

で、感想は....
いいねぇ~~。
音は、ゴツゴツというかゴリゴリした感じでした。
低音と中域のバランスがいい感じ。
ハイがいい感じに抑えられてて扱いやすい音でした。
あと、S1スイッチですね。コレ、なかなかオモシロいですよ。
最初、子供騙しな機能かと思ってましたがかなり実用的ですよ。
音圧も増えるし、甘~いメロウな音も出るし。
100%ハムになるわけではないですが、擬似的にハムっぽくなりますね。
なかなかよろしい。

あと、ネック周りですね。
今日の試奏で気付いたことは、ネック裏がサテンフィニッシュなんですね。
ティモンズモデルもサテンでしたね。なかなか弾きやすい。
ヒールレスカットだということにも初めて気付きました。
カットされてるってけっこう影響大きいですね。
スルーネックと同様とまではいかないまでも、ハイポジ弾きやすいです。
あとは、指板はフラット気味でしたね。
けっこう新鮮な感触でした。

前回のティモンズモデルの試奏は、目も当てられないほど
グダグダでした。
今回は、自分が上手くなったんじゃないかと思わせるぐらい
指が完璧に動いてましたよ。
指が勝手に弾いとる~~って感じでして。
考える前に弾いてたみたいな....
それぐらい弾きやすかったんですよ。
持てる力振り絞って、EJとかアンジェロ先生弾きました。
ストラトでアンジェロって......

途中から、試奏してるもう一人がコッチのフレーズまんまコピーしてきた
ときは焦りましたけどね(笑

よし、アメデラにしよう。
あとは、資金集まり次第です。

theme : エレキギター
genre : 音楽

いや~忙しいね~~

明日、物権法のテストです....
まぁ、なんとかなるでしょう...

とりあえず、物権法のテストはチャチャッと終わらせて
御茶の水に出向いてきます!!

用事は、ユニオン漁りとストラト探しです。
平日だからら空いてるかなと思いつつ。
テストより楽器屋のほうがメインになってないか??
いや!!そんなはずはない!!

楽器屋に行くというモチベーションの元、テストに臨む!!
最高だ!!

というわけで、なんかCD買ってきたら報告します....
さすがに、フェンダーのハードケース片手に伊勢崎線に
乗ってるなんてことは.....いや、ない(笑
でも、三種の神器はしたたかに準備....

theme : 日記
genre : 音楽

Thomas Blug:Electric Gallery

いや~、疲れた.....
アノ売り場面積に数人ってどうよ!!って感じですよ。
まぁ、いっこ上のと思しき人と仲良くなれたからいいや。

というわけで、Thomas Blugのアルバム。
トーマスさん紹介してる時点でネタ切れ必須!!

electricgalleryalb1.jpg


彼のアルバムの中で人気があるであろう、そして、聴きやすいであろう
アルバムです。
今思えば、狙ってるギターの仕様ってだいぶThomas Blugから影響
受けてるな~~。

1,Still Alive
一曲目から小気味がイイという感じです。
ダイナミック且つ滑らかなトーン最高です!!
若干、ティモンズっぽいかも。

2,Longing
一曲目と打って変わって、深いリヴァーブ効かせた渋い
ブルースバラードです。61年式ストラトのジャリジャリ感、
ヒュース&ケトナーの固さ(?)がよく出てます。

3,The Witching Hour
ジャジーでカントリーだろうか。
曲全体がコンパクトにまとまってる印象ですね。
で、なぜか7分近い曲。

4,Electric Gallery
アルバムのタイトル曲です。
もし、ロベン・フォードとラリー・カールトンが
ストラトで曲作ったら....みたいな曲です。
途中のピアノがボブ・ジェームスみたい。

5,Who's Who
逆再生イントロに、オルガンの組み合わせが印象的な曲です。
あっ、インスト聴いてんだなと改めて思わせます。
シンプルisベスト

6,Love Crimes
声を大にして言いたい!!
この曲は、ギターインスト史上語り継がれるべき
バラード!!
私がインストに求める全てを叶えている!!
まず、バラードって時点でヤベぇ~~~~。

7,Treasure Island
宝島??たしかに、なんか隠れてそうな気はする....
いい曲だけど、ちょっと単調な感じも...

8,Roots
思わず、体を縦に揺らしてリズムをとってしまうような曲です。
とりあえず、バッキングが凄まじくカッコイイ!!
これまた、シンプルだけど奥深い....
サックスとの絡みも最高。

9,Have You Ever Been To Strawberry Fields
ちょっと渋くなった、Eric Johnsonみたいな曲。
サウンドに違いはあれど、やっぱEJっぽい。
何気に、ネット上でタブ譜を拾える唯一の曲だったりもします。


10,Rock N' Roll
名前の通り、古き良きロックンロールです。
なんか、この曲もEJっぽいな~。
3分弱と短いながらもけっこう聴かせてくれます。

11,Missing You Already
あくまで、ピアノをフューチャーしてる曲な感じです。
これまた、語り継がれるべきバラードです!!
ティモンズのCry For Youもそうですがとにかく大音量で聴くのを
お勧めします。

このアルバム聴いてわかったこと。
やっぱ、この人好きだ(笑
そして、ストラトが一番好きだ!!

ユニオンに置いてるんで是非是非購入を!!


Love Crimes:絶対最後まで観てください!!


theme : エレキギター
genre : 音楽

JEMネタ

ちょっと、海外のJEMに特化したサイト調べてたら
気になる書き込み。
20周年モデルこんな感じじゃね?っていう感じでして。
おそらく、ファンの願いによるものだとは思いますが...
ジャジャン↓

EmeralJem.jpg


緑!!
前にもこんなモデルあった気がするけど....
しかも、二つ。
片方は中国ツアーでアンジェロ先生使ってましたわ。
イラストで見るより、本物(実際に発売であれば)はカッコイイはず。
つや消しだったら最高。

                      以上!!

theme : エレキギター
genre : 音楽

楽器屋巡ってみた。

う~ん、眠い・・・・・・

というわけで、新宿、御茶の水徘徊してきました。
もちろん、ストラト目当てなわけですが.....

まずは、新宿。
ディスクユニオン行った後、ロックインへ。
あそこは、なんか雰囲気違う。
一見屋さんは来んな的なオーラが・・・・
早々と御茶の水へGO!!

上陸!!
ここでも、ディスクユニオンに。
その後、某クロサワ楽器へ(某の意味ね~)
まぁ、DEAN見ますわな。特にラインナップ変わってないな~。
んで、フェンダーコーナーへ。
キタ!!JEFF BECKモデル!!
しかも、15万9800円なんて破格の値段。
相場より、2万近く安い!!
あっ、買いてぇ~。
衝動を押さえつつ、IBANEZ取り扱ってるクロサワへ。
あ~、ティモンズモデル....
ちょっと見てたら間髪入れず『音出しますか?』の一言。
じゃあってことで弾いてみる。
厚着してたからやたら弾きにくい.....
店員さんずっと見てるし、弾こうと思ったら緊張して
フレーズ飛んじゃった......
延々とアルペジオ。もういいです....
なんか、前回のほうが音良かったな。
もっと音に深みがあったな~。
個体差ですかね?前回は、握った瞬間にキタ!!コレ!!と
思ったんだけどな....

そして、最後にイシバシへ。
御茶の水では、FENDERの品揃えピカイチですかね。JAPAN,USA共に。
EJ,JB,YJM揃ってるし、アメデラも全カラーある。
ちなみに、アメデラ買うならファクトリー・スペシャル・ランの
限定カラーのビンテージっぽいホワイトです。
まぁ、時間の関係上説明だけ聞いて帰ってきました。

けっきょく、ティもンズモデルしか試奏してね~。
しかも、二回目だし....
今年中にもう一回は御茶の水行きたいところ。

そういえば、PRSのMAPLEのCEが20万切ってたな~。

theme : エレキギター
genre : 音楽

メイプルorローズ?

相棒探しは佳境に。
二ヶ月近く悩んで、けっきょくストラトに戻ってきた私です。
だいぶ絞りました。

あとは指板の選択を残すのみ。
ようは、メイプルかローズかです。

どうしようか?

ちなみに、各材ごとの候補は以下の通りです。

『メイプル』
・Eric Johnson Stratocaster
・'57 Stratocaster (Thin Lacquer Finish)
『ローズ』
・Jeff Beck Up Date Stratocaster
・'62 Stratocaster (Thin Lacquer Finish)
・FSR American Deluxe Stratocaster

メイプルは、まんまEric Johnson、ローズは、Jeff Beck,Thomas blugの
影響大ですな。
この中で試奏経験があるのはエリック・ジョンソンモデルだけです。
ってか、絞り込めてね~・・・・

こっからは勝手な予想ですが、メイプルは凸ローズは凹って感じの
音なんですよね~。パキパキとズンズンみたいな(わかりにく!!)
まぁ、ストラトプレーヤーの曲聴いてもらえればなんとなく
わかるかと思いますが・・・・

ローズ3人衆は、ハードロックまでカバーできそうという
勝手な妄想。アームも使えるし。

メイプルは、艶やかなまさにEJサウンド。

ちょっと、ストラトを弾く姿を想像してみた......
いいねぇ~~~~(笑)
もはやバカ....

明日、できる限り試奏してきます。
なんかレポート希望ありますか??



theme : エレキギター
genre : 音楽

あんた、誰?

冬の雨は寒っ!!

さぁ、相棒探しからちょっと離れまして今回は気になる野郎を
紹介!!

Adis

adis_intro.jpg


http://adisguitar.com

だれ??
知りません。
いつだか、Janaet JacksonのBlack Catという曲をyoutubeで検索してたら
出てきた人です。
久しぶりにホームページ訪問したら動画諸々増えてましたので
紹介しようかと。
得意なジャンルは・・・・・・
ホントワカリマセン(笑
まぁ、なんでも出来るんですが強いて言うならブルース系な気がします。
でも、ネオクラなのも巧い。
Thomas Blug,Allen Hindsみたいな雰囲気もありますかね。

それでですね....
プロなのかアマなのかがわからん!!
あまりにも、情報が少ない!!
彼のサイトに有名ギタリストとNAMM showで撮った写真あるし、
名が知れてそうな感じも。
CD出してないのが不思議なぐらいの技術持ってんですけどね。
彼の部屋に、メサ・ブギー、ボグナー等々様々なアンプ置いてるっぽいんで
もしかしたらメーカーのアドバイザーとかやってる人かも。

今までの中で、一番謎なギタリストです。






theme : エレキギター
genre : 音楽

旅の終わり?

ん~、腕が筋肉痛です。
ドッジボールが原因.....

アームグニャングニャンやったら、もっと筋肉痛が痛みました(笑

う~ん、高からず安からずのラインでいこうか。
というわけで、候補列挙!!
.....毎回こんな話......
そのうち答えが出るはず

FENDERの通称アメデラ、ラージヘッドじゃない60年代モデルの
ストラト。JEFF BECK,ERIC JOHNSONモデル。
IBANEZのティモンズモデル。ほんの少しJEM。

よ~く考えたら、こんな感じになったわけでして。
けっきょく、基本はストラトらしい。
というわけで、年末年始に一斉試奏敢行しますか!!

歪みの限界点探ってきます。
そして....アームは使いたいらしい....

候補に挙げたやつを全部置いてる店あるだろうか?
アキバ、御茶の水、新宿、渋谷をネリ歩きますか....
ってかそんなに暇だったっけ??

theme : エレキギター
genre : 音楽

Jeff Beck:LIVE BECK!

今月入ってから、ネタ切れ&疲れで更新が滞っちゃいました。
師走ですから(言い訳?)

そんなわけで、CD紹介。

ライヴ・ベック! ライヴ・ベック!
ジェフ・ベック (2005/06/29)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る


ジェフベック御大のライブアルバムです。
ファンの方はご存知かと思いますが、JEFF BECKというギタリストは
自分のライブを音源化されることを極端に嫌います。
有名な話で、あるブート屋を訪れた際に自分のブート盤
を棚から引っ張り出しバリンバリンにぶっ壊していったという逸話があります。
サンタナはベックのライブ盤を棚から引っぱり出してお買い上げ
だったらしいですけど(笑)ちなみに、ジミー・ペイジは、ツェッペリン
時代のブート盤買い占めたらしいです。新宿では伝説と化しているとか。
そんな中、このアルバムが公式に出たというのは奇跡ですよ。

では、今さら語る必要がない名曲たちをレビュー!!

1,Roy's Toy
まぁ、オープニングで軽ーいジャブってところですかね。
既にベックワールド突入!!ドラムとの相性もピッタリ。

2,Psycho Sam
『Who Else!』から。
指弾き&スライドを駆使したハイスピードチューンです。
しっかし、よくもまぁ指弾きで速弾きなんぞ......

3,Big Block
『Jeff Beck's Guitar Shop』から。
ギターショップ時に比べるとスリリングさというか危なっかしさ
はないものの大人の余裕を感じさせるプレイです。

4,Freeway Jam
『Blow By Blow』から。
Blow By Blowバージョンは単調すぎる印象があったんですが
このライブベックでは、ハーモニクスとかアーミングとか
『ギターでここまで音出せんダゼ!!』と言いたげなくらい
聴かせてくれちゃいます。

5,Brush with the Blues
『Who Else!』から。
これ好きですな~~~~。
めっちゃブルースです。
一音一音に魂こもっちゃってます。
静かに弾いたり、強く弾いたり。

6,Scatterbrain
『Blow By Blow』から。
当時、あまりの速さに度肝を抜かれたらしいですが、これは
度肝抜かれて地球一周ぐらいインパクトが!!
とにかく速さがハンパじゃないんですよ。
ギターは勿論、ドラム、鍵盤全てが『速い』!!
当時は、ピック弾きだと仮定しましょう。今は、指弾きですよ!!
おかしいこの人.....
是非、youtubeで調べてみてください。

7,Goodbye Pork Pie Hat
『WIRED』から。
当時に忠実ですね。
それゆえ、特に語らない!!以上!!

8,Nadia
どのアルバムだったか思い出せない......
ライブでは定番ですね。
スライド奏法&ボリューム奏法による流れるような音が印象的な曲。
何気にニュースステーションで1回演奏してる。

9,Savoy
『Jeff Beck's Guitar Shop』から。
あんま印象に残ってないんですよね~。
ギターショップというアルバム自体がそんな好きではないのかも。
よってコメントなし!!

10,Angel (Footsteps)
『Who Else』から。
ジェフベックらしそうでらしくない(なんじゃそりゃ!!)
とにかくシンプルそのもの。思わず聞き入ってしまいます。

11,Seasons
『JEFF』から。
最近のデジタル路線アルバムの中でもWHAT MAMA SAIDに次いで好きな曲。
イントロの重さに対して、中盤からギターのウォームなサウンド、
バックはシンセが悲しさを奏でます。なぜか『TAXI3』を思い出すんですよね。
最高にクールだぜ!!

12,Where Were You
『Jeff Beck's Guitar Shop』から。
ギターで『あなたはどこに?』とホントに語ってんじゃないかってぐらいに
表現力豊かな曲ですね。感動に次ぐ感動です。

13,You Never Know
またまたアルバム名失念。
彼にしては珍しくエフェクターの効果がモロに出てる曲です。

14,A Day in the Life
ご存知ビートルズのカバーです。
是非生で聴きたいと思わせる鳥肌もんのカバーです。
こりゃビートルズを超えとる。

15,People Get Ready
元々、ボーカルありの曲ですがインストバージョン。
A Day in the Lifeと立て続けに持ってくるなんて、泣かせすぎです。
聴いた後に優しくなれる気がする曲ですね~。
演奏終了後のファンの歓声が全てを物語っています。

16,My Thing
『JEFF』から。
せっかく優しい気持ちになったところにそれを一変させるかのごとく
重さを漂わせます。
ストラトでこんな音出るのかととも思わせてくれます。

まぁ、彼は実際観てみるべきギタリストだってことがこのアルバムを
通して再認識することができました。
What Mama Saidが入ってないことだけが唯一の不満ですかね。



theme : エレキギター
genre : 音楽

まぁ、落ち着こうか......

また、相棒探しの記事でございます。
他人が見たらオモシロくない話題かもしれませんがしばし
お付き合いを。そのうち、CD紹介しますんで。

ん~、冷静に考えてみた。
やっぱ、実用的なタイプがよろしいか。
けっきょく、1本である程度のジャンルをカバーできること。
ちょっと難しいか?
後々、いろんなタイプの音出したくなってレスポール、テレキャス等々
買うぐらいならちょっと高くても万能君をって感じがしてきたわけでして。

別に万能君だからって個性がないわけですよ。
学生時代いませんでした?運動、勉強をそつなくこなしていつもは
大人しいんだけどイベント時などに思いもよらぬ個性を発揮する人。
その感じです。(万能君って聞こえが悪いな~)
素直でありながら、芯は太いみたいな...

この際、サーギターとかいっちゃいます(笑)?
コンボ系がある意味最強だったりして(笑

まぁ、相棒探しの手始めにSjaguar氏ご推薦のPRSなんぞ試奏しに
行きますかね。正直、コメント貰うまでPRSって高嶺の花かと
思ってたけど調べたら手が届かなくもないとういうことでして。
あと、ジェフ・ベックモデルと以前も試奏しましたがエリック・ジョンソン
モデルを試したいなと。今一度、出したい音を見極めてきます。


ちなみに、今のフェンジャパは、実験台にしてみてハードロック仕様とか
泥臭いブルース仕様等に挑戦しようと思ってます。

theme : エレキギター
genre : 音楽

まぁ、悩んでみようか。

最近眠いです.....

目を閉じながら思うこと....『で、どれにしようか』
なんか、前にもこんな記事書いた気が・・・・・

だんだんとヴィジョンが固まってきた(?)ので
なんとなく書き留めてみる。
しばし、管理人の相棒探しを見守っていてください...。

まず、アームはいるか!?
さきほど、自分の持ちネタをありったけ弾いてみたら
アーム必要な場面皆無!!
あえて、アーミングでギュワンギュワン変なフレーズ弾いてみたら
わざわざフロイドのやつ買わなくても今のストラト改造しちゃえば
いいんじゃんと思ったり。ロック式は、チューニングめんどくさそうだしな。
というわけで、あってもいいよ程度。インストで表情加えるのには
ちょっと欲しいか.....

次、ボディシェイプ。
ST型もしくはダブルカッタウェイな感じ。この時点で、頭の中には
レスポールの影なし!!
ついでに、色も指定しましょうか。
はい!!なんでもいい!!あっ、DEANに限っては色決めてたりします。
フレイム系のピンクとかなかなか良かったりして。
基本的には、なんでもアリの方向で。

次!!ピックアップ配列。
H-HもしくはS-S-H・・・・・以上!!
あっ、でも、JEMだと必然的にH-S-Hか.....
じゃ、なんでもアリってことで(笑

こんなもんですかね(ん?要素が少ない?)
この条件だと
・DEAN HARDTAIL
・IBANEZ RG系
・SCHECTER
         ですかね。

シェクターは、ブリッジ、ピックアップ配列、配線等々
同じシリーズでも幅広く選べるんでちょっと気になってたり....

IBANEZもけっこうバリエーションが豊富ですな~。

DEANは、個性の塊って感じだったし。候補中、唯一の前後ハムだし。

う~ん、とにかく悩みますか。

時々、こういう記事書くので。

何気に、同じ金額で61年型のストラトもいいかな~と思ってたり(笑

若者よ!!大いに悩め!!








theme : エレキギター
genre : 音楽

力強くそして鮮やかに。

さすが、アンジェロ先生。
エクササイズの1から、なかなかの練習フレーズでし。

2、3フレットを使った一見簡単に思えるフレーズです。
しかしですね、6弦をフルに使って、上昇フレーズをオルタネイト、
下降をスウィープでやれ!!という先生の指定付き!!
上昇のオルタネイトは、数分~数十分やれば習得は可能かと....
下降はですね~、スウィープ未経験なんでまだ右も左も~~~~
といった感じ。

う~ん、全エクササイズ終わるのはいつ頃か・・・・・
たぶん、DEAN買っても全部終わってないな。
とりあえず、諦めないよう努めます。

やっぱ、構えはクラシック(勝手に名付けたミケランジェロ!!)式
が良いようで....

なんか内容薄いな~。
譜面とかアップできれば、説明しやすいのだけれど。

theme : エレキギター
genre : 音楽

SPEEDでKILLSで2だぜ!!

いや~、今日がバイト初日だったわけですけどね。
初日だってのに普段より忙しい日だったらしく、SPEED KILLな
夜でした。
バイト先に行く前にポスト見たら入ってました!!
アンジェロ先生のDVD!!
で、さっき帰ってきて早速鑑賞!!
内容は、Rain Forestとエクササイズって感じですね。
Rain ForestはYOUTUBE等で見ることができるので新鮮さはなかったかも。

しか~し、エクササイズがハンパない。

前半は、YOUNG GUITARのDVDの内容をもっと細かくして
ローポジションを中心に各指を余すところなく使っちょります。

前半が左手中心のエクササイズだったのに対して、後半は右手つまり
ピッキングに重点を置いた内容となっております。
『ジョージ・ベンソンに影響を受けたんだ』と言って、クリーントーン
で弾いてみせたり。DEEP PURPLEのBURNの1フレーズを披露したりと
とにかく勉強になります。

全体を通して、『意地になって弾かないこと』『最初は、スローでいいんだよ』
なんてことを言ってました。あと、練習が音楽的である必要。
どういうことかと言うと、練習のための練習ではなくて、もっと実践的
なフレーズを練習しなさいってことです。
楽しく弾くことも重要だと言ってました。

ヤングギターのDVDでは、ミックとスコット・ヘンダーソンが
いわゆる練習フレーズを披露してましたが先生はずば抜けてうまい。
日本人が聞いても、わかりやすい英語なんですな。
いや~、すばらしい!!

只今、DEAN 95% JEM 5%の比率。


DSCF0063.jpg

theme : エレキギター
genre : 音楽

Crying In The Rain

どうやら、アンジェロ先生のDVDが届くのは来週になりそうでして....。
忙しくて、見る時間なかったりして....

まぁ、届くまで弾かないっていうのもあれなんでWHITESNAKEの曲
に久しぶりに手を付けている次第です。

弾いてて楽しそうな曲ってことでCrying In The Rainを選択!!

適度な難易度がちょうどよい。イントロだけ習得して、中間すっ飛ばして
ソロをちょっとばかし練習。
入り方が、VAN HALENのRIGHT NOWに似とる。
その後は、フルピッキング(?)で弾きまくりな感じで。
やはり、適度な難易度。

イントロとソロだけで2時間近く遊んでました。
GT-8のアンプ設定変えたり、ワーミー的なことして遊んだり、
勝手にソロフレーズをHere I Go Againみたいのに差し替えたり。
Reb Beachみたいにタッピングのみで果敢にも挑戦(速攻で断念)等
なかなかやりがいがありました。

あと一週間は、この曲で遊んでます。


あたらしいパソコンが欲しい今日この頃、もう一台Macが欲しい。
今使ってるMacは音楽データ、その他のデータ管理にして、
新しいのには、多数ソフト入れてガレージバンドを弄くりまわしたい。
どうも今のは、動作が不安定になってましてね~。
う~ん、欲しい・・・・・

最近、自分の中でJEMが盛り返してきました。
やっぱ、アームが付いてるのも魅力的かなと....
DEAN 80%のJEM 20%ぐらいの比率で葛藤してます。

theme : エレキギター
genre : 音楽

ちょっち、試聴してみた。

ネタがなくなってきたか~?

とりあえず、HMVで新譜の試聴してきたので簡単な感想を。

Live: In the Shadow of the Blues Live: In the Shadow of the Blues
Whitesnake (2006/11/27)
Spv

この商品の詳細を見る


WHITESNAKEのライブ盤です。
ツアーのベストテイクを揃え、新曲を4曲。
新曲は、発売前から試聴できるのは知ってましたが敢えて聴きませんでした。
まずは、新曲を聴いてみる・・・・・あ~、だめだこりゃ。
う~ん、いま3歩ぐらいですね。WHITESNAKEらしさみたいのが感じられません。
ちなみに、作曲はDoug Aldrichだそうですがどうでしょう?
Wingerに戻ることができるとはいえ、現メンバーなんだから
Reb Beachにも曲書かせてくれればいいのに。
正直、Rebさんのほうがいい曲作れると思う。
まぁ、お金に余裕があれば買うって程度ですね。

Secret Society Secret Society
Europe (2006/11/07)
T&T
この商品の詳細を見る


続きまして、北欧の古豪Europeの新譜です。
ジャケがなかなかよろしい。プログレバンドみたいだ。
正直。Europeの曲はファイナルカウントダウンしか知らないんで
彼らがどういうバンドなのかいまいち理解してませんがご勘弁を。
曲は・・・・なかなかよろしい。
なんか聴きやすいんですな、これが。
キャッチーなメロディながら、メタルの魂は忘れずに。
重くて、メロディアスで聴きやすい。これは、良作です。
是非お買い求めを!!
しっかし、不気味なジャケ。

theme : HR/HM
genre : 音楽

プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。