スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alessandro Benvenuti:Sonic Design

sonicdesignalb1.jpg


リニューアルしたディスクユニオンはやたらスゴい。
しっかり、Ron Thal,Guthrie Govan置いてある。

さぁ、今回はリクエストに応えAlessandro BenvenutiのSonic Designを
ご紹介しましょう。

ここ何年かのテクニカル系フュージョンギタリストの中でも注目度が
高い人ですね。

1,The Sense Of Change
アルバム一発目を飾るのは、初期のラリー・カールトンを
メロディアスにしたような曲です。ラリー・カールトンの『夜の彷徨い』
の二曲目あたりに入っていた、プッティンアップ(?)をモダンにした感じ
だと捉えてください。
ドラムの打ち方がそれっぽいです。
途中のレガート、聴き応えあり!!

2,Eternal Dream
しっとりとしたピアノにラテンのリズム。ん!?キコ・ルーレイロ?
以前紹介した、キコのジャズアルバム収録曲に近い雰囲気持ってますね。
雰囲気がそうってだけで、随所にAlessandro Benvenuti節を見せつけてますよ。
奏法的にも、いろんなアプローチしてて非常にオモシロいですね。

3,Time Has Come
暗い、速い、巧いという三拍子そろってる曲ですね。
ベースとドラムのリズムがタイトなこと。
一曲目のメロディアスさを取り除いた感じを想像していたければ
なんとなく伝わりますかね。

4,EgoCentric
いかにもハイテクフュージョンという感じのユニゾンフレーズで始まり
そこからGreg Howe的なファンク要素を散りばめてきます。
後半のほうでは、Frank Gambale先生とのギターバトル!!
新旧テクニカル系対決みたいな感じでしょうかね。
僅差でAlessandro Benvenutiの勝ち!!(笑)

5,The Golden Cage
クロスオーウ゛ァー的で伸びやかな感じの曲です。
やはり、初期ラリー・カールトンっぽい.....
けっこうすんなりと耳に入ってきますね。

6,7 Reasons To Love Her
アルバム中、最もロック色が強いかもしれません。
と思いつつ聴いてみると、5曲目のThe Golden Cageの使い回しフレーズ?
さらには、ここまでの曲で出てきたようなフレーズもチラホラ...
全部混ぜてみましたって感じ??
終盤のほうはこの曲オリジナルです(笑)
でも、最後の最後にまた出てきた(笑)

7,10 Km More
もしかしたら、コッチのほうが聴きようによっては
ロックな香りするかも。
他の曲にはなかった、ワイルドなサウンドというのがパンチ効いてて
よろしいです。
ちなみに、ゲストでPrashant Aswani登場!!

8,Jama'
スローな曲ですが、その中でなかなか考えられたフレーズ披露してくれます。
こういう曲が巧く弾ける人って、どんな曲やっても巧いと思います。
中盤以降は、各々のソロタイムが設けられてます。
ちなみに、キーボードソロ弾いてるのは彼の兄弟だと思います。
う~ん、皆巧い!!
哀愁漂うメロディ良いですね~~


遂に新世代が出てきたかという印象と共に、オジさん世代のフュージョンの
影がちらほら出てくるという興味深いアルバムですね。

国内で入手が難しいと思いますが、それだけの価値は十分あるアルバムでしょう。

スポンサーサイト

theme : エレキギター
genre : 音楽

Daryl Stuermer:Rewired - The Electric Collection

rewireddsalb1.jpg


かなりお久しぶりな更新ですね。
ホームページ作成中ですが、さすがになんかレビューしないと
固定客(?)が逃げちゃうかな(笑)ってことでちょっくら書きましょうか。

Daryl StuermerのRewired - The Electric Collection。
元々、ジェネシスのサポートやってた人らしい。

このアルバム、かなり強力ですよ!!


1,Yin Yang Boogie
タイトルが表す通り、ブギーチューンですが、ブギーの雰囲気を
持ちながらもプログレッシブでありフュージョンな仕上がりです。
合間のフレーズがEric Johnson的でもあります。
というか、まんまEJだろってフレーズもちらほら(笑)

2,Road Warrior
典型的なクラシックロック、Deep Purple的な曲調でジャムってる
感じですね。いかにもなドラム、そして、いかにもオルガン。
古臭いけど、めちゃくちゃカッコいいです。

3,Determined
これまた、Deep Purple的....というよりはWhitesnakeの
ように若干アグレッシブに!!
フレーズも多少ヘビーさを意識したものがありますね。

4,Deadline
デビュー当時のJoe Satrianiを彷彿とさせる疾走感のある曲です。
技術的には、さほど難しいことやってなくてもそういう曲が
一番難しいとサトリアーニが言ってましたが、この曲の出来は見事!!
シンプルでキャッチーなとても聴きやすい曲です!!

5,American Fields
この曲、聴いた瞬間にニヤリとしてしまいました(笑)
Eric Johnsonの名曲『遥かなるドーヴァー』なんです。
EJバージョンは、緊張感があったのに対し、こちらは非常に
『柔らかい』。アコースティックで弾いてるというのが一因でしょうかね。
アコースティックで、あのフレーズを原曲と同じくらいのテンポで弾けちゃう
というのもスゴいですね。
とても爽やかになる曲です。

6,Morning Train
まさに朝の列車の如く、窓から見える青い空が目の前に浮かんできそうな
曲です。とにかく、爽やかですね。
音色、フレーズ共にEJ風なものがあるというのもなかなかよろしいです。

7,Wherever You Are
トレモロを効かせたギターにシェーカーが重なり、そこに渋く、
メロディアスなソロプレイが良いパンチで効いてくるバラードです。
この曲も一昔前のような雰囲気を持っててどこか懐かしい感じ。
スゴい似てる曲を以前に聴いたことあるはずなんですが、思い出せません。
たぶん、一度このブログで紹介してるかと思いますが....

8,Highland Hip-Hop
少し、アイリッシュな壮大な雰囲気のイントロから始まり、
途中からコンテンポラリー&プログレッシブな感じの曲調にチェンジします。
そして、またアイリッシュな感じに戻ってくるというこのアルバムの
クッション的な役割を持ってると思います。

9,Transatlantic
ここでも、爽やかでどこか古臭い曲です。
疾走系ではないけど、スキップ程度の速さ(笑)
Andy Timmonsなんかが得意にしそうなタイプ。
途中に出てくるキメのフレーズがスゴいカッコいいんですけど
買って聴いてください!!(笑)

10,The Least You Can Do
やはり、どこか懐かしい雰囲気ですね。
少し、カントリー的なエッセンスも入ってるかもしれません。
非常に泣けます。


今まで聴いたCDの中でも、かなり上位に食い込んでくるアルバムですね。
テクニカル志向ではないですが、それだけに聴きやすいのです。
しかも『懐かしい』。けっこう日本人の琴線に触れる雰囲気の
曲が多いですね~。
とにかく全てが素晴らしい曲なんで買ってください!!(笑)

ちなみに、彼の新しいアルバムが今月末に出ると以前記事にしましたが
3300円に値上がりしとる~....
非常にショックです....
HMV見たら国内盤のほうが安いし!!ボーナストラック付きだし!!

theme : HR/HM
genre : 音楽

Lion Music 4月の新譜:謎のギタリスト。

今月、20日に出るアルバムでスゴい気になってるのがあるんですが....
どんなギタリストか全く分からないのです。
名前は、Steen Grontved

steengrontved_goggles300.jpg


Lion Musicの紹介文見ますとFusion/Jazz/Rockとあるんですが
音源が見つからないだけにどんな音楽性なのかなんとも....

全曲のレビュー書いてある中に、Greg Howe,Joe Satrianiといった
ギタリストの名前が出てきてるのでわりとキャッチー路線??

う~ん、謎は深まるばかり...
とりあえず、ディスクユニオンなんかには入荷すると思うので
発見次第購入します、

ちなみに彼の紹介ページ↓
http://www.lionmusic.com/nightvisiongoggles.htm


追記
マイスペース探したらありました。
めっちゃ好みの音楽してらっしゃった(笑)
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=173606342

theme : HR/HM
genre : 音楽

Brett Garsed/TJ Helmerich~:Uncle Moe's Space Ranch

アンクル・モーズ・スペース・ランチ アンクル・モーズ・スペース・ランチ
ブレット・ガーズド、TJ・ヘルメリッチ、ゲイリー・ウィリス、デニス・チェンバース、スコット・キンゼイ (2002/07/24)
キングレコード

この商品の詳細を見る


今回は、5月に新アルバムが出るらしいUncle Moe's Space Ranchを紹介。

1,Colliding Chimps
なんともマティアスみたいなポップでファンキーなフレーズ満載。
ノイジーなサウンドが非常にオモシロい。
途中のタッピングなんかは、マティアス、ロン・サール以上?

2,tjhelmerich@earthlink.net
タイトル通り、TJ・ヘルメリッチの曲でしょうか。
タッピングの名手のわりに使ってこない曲ですね。
とても怪しいイントロ、どこでフレーズ入ってくるんだ?という
探り合い等インプロの醍醐味(?)を感じれますぞ。
ギターソロが非常に変態チック(笑)
左手はもちろん、ワーミー等を使った高低差のあるフレーズは
いわゆるジャズ的ではないか....
ベースとドラムの絡みは、変態ではなく(笑)、めっちゃカッコいいです。

3,Swarming Goblets
デニス・チェンバースのパワフルなドラムから始まり、
ヘビーなオルガンが入ってくるという個人的には意表を突かれた感じです。
その割には、ギター・ベースソロ共に爽やか(笑)
この曲の最後でTJのタッピング炸裂!!

4,SighBorg
ふ~ん、サイボーグのスペルってこうなんだ(笑)
メタリックでデジタルという、まさに『サイボーグ』な曲ですね。
なんともSEの使い方が巧すぎる!!
それに対するチェンバースのロックなドラムがヤバい!!
う~ん、皆フレーズが変態だ....

5,He's Havin' All That's His To Be Had
カッティングが入ってきてファンク系であり、ジャズ、ブルースいろいろ
入ってる感じでスゴいオモシロい曲ですね。
途中、アコースティックを絡めてくるのも巧い!!

6,Minx
フュージョンしてますかね~。
いわゆる、クロスオーバー的なものではなく、モダンでありジャム風。
ギターフレーズがわりとキャッチーなんで聴きやすいかと思います。

7,I Want a Pine Cone
ノリがファンク一直線。
アルバム中、一番ストレートな曲ですかね。
スパニッシュ系のアコースティックを入れてきたりと、直球で
ありながら少し変化するカットボール的?(笑)

8,A Thousand Days
非常に爽やかフュージョン。
Brett Garsed色が色濃く出てますね。
この曲一番好きです。
5分で本編が終わるんですが、レビューしてて気付いたんですが
2分位の空白の後、楽屋裏みたいなテイクがあってビックリしました。
また、そのときの演奏が巧い(笑)


★★★★★★★☆☆☆(7/10)
好きな人はハマるだろうし、嫌いな人は一回聴いただけで
CDラック行きなアルバムかと思います。
インプロによって曲が構築されていくセッションをそのまま
CDにした感じのアルバムですので参加してるミュージシャンのファン
にはオススメしますが、誰も知らない段階で買う際は一度
試聴してみてから決めてください、

第二弾、楽しみですな~。

theme : JAZZ
genre : 音楽

本日、予約注文した品

なんか、勢いで予約注文しちゃいました。!!
どちらもInside Outレコードからのものというのもなかなか。

AlanMorse4oclockhysteria300.jpg

SPOCK'S BEARDのギタリスト(バンドについては全く知らない)
Alan Morseのソロ作です。
手早に試聴したのですがけっこう古いタイプのフュージョン
やってるんじゃないでしょうか。
あまりテクを見せつける感じでもないし、優しくて聴きやすい曲が
多い気がします。
これは期待の作品です。
アマゾンで発売日前にも関わらず試聴可能でスゾ。
あと、マイスペースでこのアルバムより前に出てるアルバムの音源
あったんですけどそっちも良作。
検索しても出てこないんですけど....

DarylStuermer300.jpg

Daryl Stuermer、どうやらジェネシスのサポートギタリストやってた
人らしいんですがね。
一つ前のアルバムを聴いた時点でこの新作は試聴もせずに
カートに入ってました(笑
フュージョン系だとは思いますが、こちらは今風とでも言いましょうか
それこそプログレッシブ的なものも数曲という感じでしょうかね。
なかなかオモシロそうな作品です。

発売日が今月末ということで首を長くして待ちたいと思います。

theme : エレキギター
genre : 音楽

プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。