スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的にベストなインストCDたち プログレ編

今回は、プログレッシブ編です。

私の独断と偏見で曲が難解とか、変なリズムが多いといった感じで
決めちゃいます。もしかしたら、今後一番内容の変更が多いランキングかも...

No.1
workshopalb1.jpg

Joop WoltersのWorkshopです。
こちら、つい最近記事にしました。
買った当初は、なんか今一歩な出来かと思ってましたが、聴けば聴くほど
味わい深いというスルメイカみたいなアルバムです(笑
いわゆる、『変拍子』なプログレではないかもしれませんね・・・
バカテクでありながら、時に繊細でクールな音使いといった印象が強いです。
う~ん....もしかしたらプログレよりハードフュージョンのほうが
正しいかも....
なんだかんだ、正統派です。

No.2
landscape-dreams.jpg

Daniel PalmqvistのA Landscape Made From Dreams
このアルバムは、完全にジャケ買いでした!!
こんな美しいアルバムジャケット見たことがありません。
私が初めて買ったプログレ系ギタリストは、このアルバムだったと思います。
Pat MethenyとEric Johnson的な美しい楽曲、John Petrucci的なキッチリ弾く感じ。
キーボードとの相性も抜群ですしね。
王道なインストが好きな方も一度聴くことをお勧めします。
極端に曲調が変わることもないので、馴染みやすいかと....

この人、高いギターばっか使ってんだよな~~。
ブックレットに本人による、曲ごとへのコメントがあるっていうのもグッド!!

No.3
Colour Journey Colour Journey
Marcel Coenen (2006/05/22)
Lion

この商品の詳細を見る

ハイ!!体型に親近感を感じるMarcel Coenenのアルバムです。
ボーカル入りの曲が多いですが、合間のインストがなかなかイイ出来なんですよ。
彼らしい、ヘビーなんだけど、開放感のあるメロディ。
なぜか、フュージョン系のプレイも巧い(笑
New Raceという曲では、曲名のカッコワルさに似合わず(笑)手数の多いプレイ
で聴く者を魅了します。


う~ん、解説がプログレッシブになってしまった(笑
まぁ、詳しくはCD紹介のほうをご覧いただければ・・・・
スポンサーサイト

theme : HR/HM
genre : 音楽

個人的にベストなインストCDたち ロック編

今回は、ブルースを基礎としたロック編と題して紹介!!

No.1
electricgalleryalb1.jpg

コレ、間違いないですね。
Thomas BlugのElectric Galleryです。
次世代のブルースアルバムと言っても過言ではありません。
Love Crimesなんかは、ギターインスト史に残る名バラードです。
最も彼の特徴を表しているアルバムでっせ!!
62年モデルストラト買ったのも、ほぼこの人の影響ですしね。
無人島に一枚だけ持ってくなら?的な質問なら間違いなくコレですね!!

No.2
Who Else! Who Else!
Jeff Beck (1999/03/16)
Sony/Epic

この商品の詳細を見る

はい、宇宙から来たJeff Beck先生のアルバムです(笑)
デジタル路線の一発目でしたっけね?
一曲目のWhat Mama Saidは、とにかく先生のプレイよりもJennifer Battenの
タッピングに釘付けですよ。単純にカッコイイ曲です!!
インストの手始めとしてVai,Satrianiといったところをオススメする方が多いですが
このアルバムも是非、一度は聴いていただきたいですね。
今年、来ないかな~......

No.3
ヴィーナス・アイル ヴィーナス・アイル
エリック・ジョンソン (1996/08/21)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

ストラトの貴公子、Eric JohnsonのVenus Isleです。
このアルバムは、私が本格的にインストにハマっていくきっかけとなりました。
初めて、彼のサウンドを聴いたときはこの世の物とは思えないほどの
クリーン、リード共に痺れました。
S. R. V.やManhattanなんかは、いろんな曲聴いた今でも自分の出す音の
基準であります!!いろんなアルバム買っても、なぜかこのアルバムに
戻っちゃう自分がいます...


とまぁ、記事書き終わって気付きました。
全員、ストラトプレイヤーじゃん!!(笑
EJなんかは、ホントにストラトかよ!!って思ってしまうぐらいの音出しますがね

次点で、Andy Timmonsが入ってます....
実際、彼のモデルを買う意思があったわけですがね..
彼の懐の深さには感心します。彼のアルバム大好きです!!

ただ、自分の音楽人生を決定づけるアルバムとなったのは上記の三枚ですね。
このラインナップは、そう簡単には崩れないかと...

個人的にベストなインストCDたち メタル編

え~、完全な独断と偏見で私がオススメ...というか個人的に
気に入ってるアルバムをランキングで掲載しようかと....
このランキングは、CDが増えるに連れて変動するでしょう。

あと、今回はメタル編と銘打っていますがジャンルの線引きはどこか?
そうですね~......

ロック編だと、Jeff Beck,Eric Johnson,Andy Timmonsのような
ブルース系プレイヤー。

メタルですと、Michael AngeloとかJoe Satriani,Steve Vai等
を含めるつもりです。ネオクラもこの分類でいいか・・・・

プログレは、やはりJohn PetrucciとかMarcel Coenenといったところでしょうか?

フュージョンですと、Larry Carlton,Lee Ritenourのようなところ。

あと、スムースジャズ系ですかね。ここは、もちろんFourplayとかです。

あっ!!変態系はどうしようかな(笑
まっ、こんな感じで線引きします。
あと、どのジャンルに分類するかは、どういうタイプのギタリストかに関わらず
アルバムがどんな音楽性かを勝手に判断してぶち込みます。
もし、あのZakk Wyldeがめっちゃジャズなアルバムを出すと(ありえないけど)
分類はジャズになります。

という感じになりますのでよろしくお願いします!!

前置きが長くなりましたが、早速メタル部門!!

No.1
Guitarisma Guitarisma
Torben Enevoldsen (2006/05/22)
Lion

この商品の詳細を見る

最近の記事をご覧になってる方はお分かりでしょう!!
Torben EnevoldsenのGuitarisma!!
このアルバムがファーストでしたっけね?
こんなクオリティの高いファーストなかなかありませんよ!?
メチャクチャ早いソロも巧いのですが、タメの効いたメロディアスなバラード
なんかは感激の一言です。あと、時折ジャズな音使いをするのもよろしい。

No.2
Flying Solo Flying Solo
Torben Enevoldsen (2006/05/22)
Lion

この商品の詳細を見る

またまた登場!!Torben EnevoldsenのFlying Solo
Guitarismaよりも繊細で綺麗な旋律が特徴です。
あと、どの曲にもアルバムタイトル通り超高速ソロを入れてきます。
でも、その高速ソロが全くイヤラシくないんですな。
アンジェロ先生が好きな方でしたら、自信を持ってオススメできますね。
ホント、この人はスゴい!!

No.3
stevenanderson.jpg

先日、記事にしたばかりのSteven AndersonによるGypsy Power
ただのネオクラではありませんね。
単純にインストとしてレベルが高いです。
インスト好きなら誰しもが通る(?)ネオクラ系アーティスト。
インギーで失敗した~と思ってしまった方、コレ聴いてから
ネオクラから旅立ってください。
ただ、曲数が少ない.....


と、こんな感じです。
Edward Boxのアルバム入れようかと思いましたが、アルバムとして考えると
若干パンチが弱かっただろうか?まぁ、聴き込めば印象変わるかもしれませんね。
今現在は、こんな感じです。

theme : HR/HM
genre : 音楽

プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。