スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事場はロックだぜ!!&Simone Fiorletta

今日の仕事場は一言で言うなら『ロック』でしたね。
なぜか、イーグルスから始まり、ディープパープル、
そしてヴァン・ヘイレンの『Jump』、ニルウ゛ァ-ナ、ガンズという
ロックの歴史を垣間見るようなラインナップ(笑

実は、バイト先にガンズ、ツェッペリンといったブルース系ハードロック
が大好きで実際に弾いてる方がおられるんですが、ガンズがかかったときに
丁度裏の荷物場(バックヤード)で一緒になりまして、二人でエアギター
やってました(笑)それは大げさか....
まぁ、5分ほど仕事放棄して4月のガンズ来日について談笑してました(笑
で、今のガンズのメンバーは誰なの?っていう話になってので
ロン・サールっていうテクニカル系のギタリストですよと応えときました。
あくまで、変態じゃなくてテクニカル系ですよ(笑)
そんな、オモシロい一日でした。

で、バイト先に行く前、またまた欲しいアルバムが増えました。
parallelworlds.jpg

Simone Fiorlettaの Parallel Worldsというアルバムです。
Moonlight Comedyというプログレメタルバンドに在籍してるギタリストらしいです。
けっこうキャッチーで綺麗な音色が魅力ですね。
けっこう曲が作り込まれてる印象です。
Andy TimmonsとJoop Woltersを足した感じか?
嬉しいことに、今年の前半にはニューアルバム出るとのこと、
今売ってるやつ買って予習するしかないですね!!


スポンサーサイト

theme : HR/HM
genre : 音楽

麗しき六弦奏者

なんとなく、NAMMを検索してたら素晴らしいギタリストに出会いました。
そして、心奪われました....

20070208213449.jpg


いやね、別に女性だから心奪われたわけではないですけれどね(笑

Orianthiです。

この方、PRSの使い手でございます。

メチャクチャ好きなタイプです。(顔とかじゃなくて、曲がね(笑))

最初、歌声聴いてビビッときたんですけど、彼女のサイト見たら
インスト弾いてるじゃないですか!!
女性ならではの繊細でありながらも、どこか大胆!!
激しくなったサンタナのような哀愁系メロディを奏でます。
あと今時な、キャッチ-路線もお手の物といった感じです。

早速、アマゾンに発注しようと思い検索したら取り扱ってない!!
本人サイトじゃないと買えない様子。
コレ、絶対欲しい!!

コレで、私の好きな女性ギタリストTop3が出来上がりました。
Jennifer Batten,Orianthi,Katrina Johanssonです。

いや~、ホントに素晴らしい!!

哀愁系のLights of Manos


Satriani路線のViolet Journey

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

あんた、誰?

冬の雨は寒っ!!

さぁ、相棒探しからちょっと離れまして今回は気になる野郎を
紹介!!

Adis

adis_intro.jpg


http://adisguitar.com

だれ??
知りません。
いつだか、Janaet JacksonのBlack Catという曲をyoutubeで検索してたら
出てきた人です。
久しぶりにホームページ訪問したら動画諸々増えてましたので
紹介しようかと。
得意なジャンルは・・・・・・
ホントワカリマセン(笑
まぁ、なんでも出来るんですが強いて言うならブルース系な気がします。
でも、ネオクラなのも巧い。
Thomas Blug,Allen Hindsみたいな雰囲気もありますかね。

それでですね....
プロなのかアマなのかがわからん!!
あまりにも、情報が少ない!!
彼のサイトに有名ギタリストとNAMM showで撮った写真あるし、
名が知れてそうな感じも。
CD出してないのが不思議なぐらいの技術持ってんですけどね。
彼の部屋に、メサ・ブギー、ボグナー等々様々なアンプ置いてるっぽいんで
もしかしたらメーカーのアドバイザーとかやってる人かも。

今までの中で、一番謎なギタリストです。






theme : エレキギター
genre : 音楽

ちょっと気になるヒゲ野郎。

雨の日に大学行くとなにかと疲れますな。

今回は、アルバム紹介ではなく個人的に気になるギタリストをご紹介。

JANOS VARGA

046.jpg


でかっ!!高画質!!
風貌は、ウリ・ロートに勝るとも劣らない仙人系ギタリストです。
EASTというプログレバンドのギタリストらしいのですが、この方のソロ作は
プログレッシブを感じさせつつもブルージーなプレイ。どこか懐かしい曲。
Pink Floyd meets Thomas Blug meets Jeff Beck(初期)って感じですかね。
爽快な怪しさ?ハンガリー出身ということで音使いにも一般的な
ヨーロッパ的な響きとは一線を画す雰囲気を醸し出します。
Marcel Coenen以来のヒットです。久しぶりに好みにはまるギタリストに
巡り会いました。
しかし、残念ながら二枚のソロの内一枚は国内で販売しているところは
ない雰囲気。これは、是非とも手に入れたい!!


この人のサイト、アドレスが普通のとは違うようでリンク貼れませんでした。
検索すれば、一番目にでるであろうと思われますので。
う~ん、こりゃ欲しい。

theme : エレキギター
genre : 音楽

プロフィール

Mr.PoohJP

Author:Mr.PoohJP

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。